トップニュース

コルシカや出身のIra Brown、日本の3:3のオリンピックチームで活躍| スポーツ

編集者注: これは、日本の3:3オリンピック男子バスケットボールチームでプレーしているコルシカや出身のオリンピック選手Ira BrownのSpokane(Wa)Spokesman-Reviewに掲載された話を再印刷したものです。

ジム米韓著

スポークスマン – 検討

すべてのオリンピック選手には注目すべき話があります。 Ira Brown’sはインスピレーションを与え、説得力はなく、唯一無二のものです。

「絶対にありません。」 ブラウンは、テキサス州で厳しい子供時代を送った時、オリンピック選手になることが夢であったかという質問に答えました。 「私の生涯は、信じられなかった。」

それは彼が3×3のバスケットボールのオリンピックデビュー戦で日本を代表することを考慮すると、明らかになります。 彼は次の月に39歳になります。 彼はかつて90年代半ばに投げる有望なマイナーリーグの投手でした。 彼はGonzagaバスケットボールのユニフォームを着て2シーズンの間に限られた時間を見ました。 そして、彼はプロバスケットボールに飛び込むのに苦労しました。

ブラウンの子供の頃の紆余曲折は、ハリウッドのシナリオを埋めることができます。 彼はテキサス州コルシカやで育っ一度インタビュアーに「私の口にウンスジョをくわえ耐えられなかった」と話したことがあります。

ブラウンは彼の両親が薬物を頻繁に使用したと述べた。 彼は約15人の親族に満ちた3ベッド建ての家に住んでいました。 彼は近くに住んでいるクラスメイトと子供たちと戦った。

誰かが爆発装置を内部に投げと思われる事件が発生して家が全焼しました。 ブラウンは15人の家族がいる他の家に引っ越したが、多くの場合友達と一緒にいました。

Brownは、最終的に14歳の年齢で、ヒューストンの北のConroeのユース野球でBrownをコーチしたEarl Mitchellと一緒に移動しながら安定した環境を見つけました。 結局ミッチェルはブラウンを法的に養子ました。

ブラウンはオリンピック村で電話をして、自分の成長期を回想した。 “そして、私七歳のとき里親になる人に会った。 彼ら取締役行ったとき、私は、14歳になるまでは、友達と一緒に生きていて、彼らと一緒に移動しました。」

ブラウンは、野球のダイヤモンドとして栄えた2001年のドラフトでカンザスシティ・ロイヤルズで8ラウンドに指名された。 彼は2002年にスポーケンインディアンスとした日を含めて5シーズン中にマイナーをまわって送られた。

6フィート4インチ、230ポンドのブラウンは、最終的にバスケットボールに目を回した。 彼はフェニックスでピックアップボールをし、フェニックス大学のコーチと縁を結んだ。 ブラウンはゴンザガと契約する前に、短期大学で2シーズンを走った。

彼の最初のGU試合に出場した当時25歳だったBrownは2シーズンの間に多くの時間を走るなかったSweet 16からノースカロライナ州に敗れた才能のある2009チームで、ほぼ平均10分を走りました。 彼のシニアシーズンはZagsがOrlandoのOld Spice Classicでオクラホマ州を通って集結するときに重要な役割を果たしていました。

彼のプロバスケットボール入門には忍耐が必要でした。

ブラウンは「仕事を見つけることが難しかった。 「ほぼ9ヶ月かかりました。 メキシコで旅行チームにチャンスを得た、メキシコのチームで$ 2,500にピックアップしました。」

スポーツは、最終的に彼アルゼンチン、フィリピン、日本に連れて行ったが3×3ゲームのための彼の最初の印象は、2012年の夏でした。 Brownは、最初に友人から米国のバスケットボールを代表する機会の電話を受けたときは懐疑的でした。 しかし、それをしようとすることを決めました。

Brownのチームはトーナメントで優勝した一ヶ月後、ギリシャで開かれた第1回FIBA 3×3の世界選手権大会で、米国を代表しました。

ブラウンは、「本当にショックを受けた。 「機会としました。 当時はプロ選手がいませんでした。 ここ日本では、4人のうち3人が専門家です。 2012年には経験がありませんでした。 私たちはただピックアップボールをしていると感じました。」

FIBAの目標は、2016年のオリンピックに3×3出場することだった。 COVID-19大流行で、今年の夏に延期された2020年のオリンピックで、最終的にこのようなことが発生しました。

Brownは3×3の “非常に速く、すぐに記録し、守備をしてください。」と言いました。 「フォワードとして、我々は、内外で、この種のゲームをする準備ができています。 “

来月に39歳になりますが訓練に熱心なブラウンは、日本で10年という印象的なキャリアを積んでいます。 彼は最近、大阪エベサで継続プレー2年の契約に署名した。

日本の帰化のための2年の課程を終えたブラウンは、「できる限りできるだけ長く走るだろう」と述べた。 「確かに、体にマイレージがたくさんありますが感じは良いです。 “

BrownのチームメイトにはTomoya OchiaiとKeisei Tominaga、University of Nebraskaの2年生警備員です。 BrownはOchiaiは、日本で3×3の伝説的な人物であり、Tominagaは、優れたシューターと言いました。

ブラウンは「率直に言って、私たちがメダルを獲得することができると考えている。 「セルビア、ラトビア共和国、オランダなど、本当に良いチームがあります。 私たちは立っている。

「2012年に米国でプレーし、日本を代表して、米国でプレーすることができているということは信じられない経験です。 だけでなく、米国のチームはそれをしませんでした。 私は両方に近い。 “

COVID-19の制限により、スタンドにファンはありませんBrownは、彼が多くの支援を受けていることを知っています。 彼は日本で人気のある選手であり、彼の家族がムンチョトた。

ブラウンは「私たちの家族のすべての間が良い。 「過去4年間、私たちは近くなりました。 私たちは一緒に聖書の勉強をしています。 すべての角を回った。 叔母何人集まり始めた離散家族の再会を望んですべてが降り始めました。 ただ良かった。 “

READ  田中雅弘が日本でケガファンを煽るものである

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close