理科

コロナのため勉強意欲のない日本の学生54%記録:アンケート調査

日本の小・中・高校生のうち54.3%が昨年勉強意欲が足りないと答えたと水曜日の民間調査で現れたが、これは社会的相互作用を抑制するコロナウイルス感染症の影響を明らかに反映したものと見られる。

これは日本でファンデミックが始まる前の2019年45.1%、コロナ19が発生した2020年50.7%と比較される。 これらのデータは2015年に初めて収集されました。

この研究はベネッセ教育研究開発研究所と東京大学社会科学研究所で行われた。 2021年7月から9月まで小学校4年生から高校生まで約1万人余りの学生を対象に郵便などを通じて回答を収集した。

2022年4月6日、日本中部名古屋のある小学校で新入生入学式が行われます。 (刑務所)==刑務所

大学の教育社会学・社会研究教授である薫里さんは、動機の減少を学校の生徒間の相互作用の減少として説明した。

佐藤は「コロナ19によって交流とレジャー活動が制限され、昼休みに静かに食事するなどの制限が学校生活の楽しさを奪った」と話した。

すべての学年で記録的な数値を見せ、4~6年生は勉強意欲不足を43.1%、中学生は58.6%が同じ考えを示した。 高校生の61.3%は学びたい意欲がないと答えた。

COVID-19の影響は、グループ研究のような活動でも明らかに示された。 参加学生の割合は2020年に低下し、2021年に再び登場しました。

コンピュータやタブレットで授業を受ける割合は2019年54.5%から2021年80.1%に急増した。


関連する適用範囲:

コロナにより2020年度に留学する日本学生98%減少

2021年日本女性自殺2年連続増加

2021年大卒就職率ファンデミック中2年連続下落


READ  海底には「愛の波」が漂っていた! 地球の鼓動=謎の「ラブ波」の研究に進展...やはり地球自体が生きている!? - TOCANA

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close