経済

コロナの急増により、日本経済が予想以上に急速に縮小

夏には、コビッド-19の事例が急増し、消費者支出の減少により、日本経済は第3四半期の予想よりも急速に縮小しました。

水曜日、内閣府が発表した修正数値によると、日本の7~9月の国内総生産(GDP)は連換産3.6%減少した。

これは、政府が11月中旬に発表した第3四半期のGDP暫定数値である3.0%よりも速い収縮速度です。 ブルームバーグが調査したアナリストのコンセンサスは、修正された縮小率が3.2%になると予想した。

より速い収縮率は、東京がファンなしでオリンピックを開催した期間と直後、大都市で毎日Covid-19感染が急増した期間と関連しています。

正式な閉鎖命令はありませんでしたが、ケースが急増したため、多くのレストランやバーで営業時間を制限しました。

東京の債券および株式トレーダーは、このような状況で、消費の急激な減少が、消費者がオミクロンの亜種に関連する感染の急激な増加に同様に反応する場合、今後数ヶ月間著しく悪化する可能性があると述べた。

一般的に、日本、特に東京は、夏の後に公共生活にもっと深刻な制限を加えず、先進国で最も低い感染率の1つを達成しましたが、管理者はオミクロンの変種を警戒しています。

世論調査によると、日本は強力な大衆の支持を受け、外国人入国者に対する国境統制を迅速に強化し、観光経済が再開できるという希望を食い止めました。

予備推定値から民間消費は4~6月四半期比1.1%減少したと計算された。 修正された下落は1.3%だった。

純輸出はまた、最初の見積もりで予想したよりも大きな抵抗をもたらした。 一方、政府は資本支出と住宅投資を上方修正した。

しかし、経済学者は悪化を誇張しないように警告した。

野村証券の三和隆志首席エコノミストは、第5次コロナ19の拡散がグローバルサプライチェーン全般に困難を経験し、民間消費と公共投資が第3四半期GDPに打撃を与えたと述べた。

彼は内閣室が4~6月四半期も0.5%ポイント上方修正したと述べた。

「これらの修正はほとんど互いに相殺されます。 日本経済は、内閣府が以前に発表したよりも深刻に悪化したと仮定するのは正確ではないだろう」とMiwaは言った。

火曜日の政府の数値によると、日本の家計支出は10月に3ヶ月連続で前年同期比減少傾向を記録した。

しかし、1年前の同月に比べて0.6%減少した数値は、8月と9月に記録された速度よりも遅かった。 これはファンデミックの制限が緩和され、日本の高い予防接種率が顧客が食堂や店を再び求めることになり、日本の消費経済がより強力に回復し始めるという希望を裏付けました。

ビデオ:Covid-19が病院の医療を変えた方法

回復の道

ファンデミック後のビジネスと経済について知っておくべきこと。 参加する。 ここからサインアップ

READ  ウイルスが消費者を警戒するにつれて、日本の家計支出が減少

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close