理科

コロナウイルスの新たな菌株について何を明らかにして – Sputnik、日本

新型コロナウイルス

短縮URL

初めてその菌株が発見された国は、英国であった。 世界保健機関(WHO)の情報によると、この国では、ウイルスの新しいタイプが発見されたのは9月だった。

英国政府は、週の初めに国内でコロナウイルスの遺伝的変異の種類による感染事例が確認されたことを発表した。 この菌株について明らかなことは、おそらくウイルスの亜種に発生したもので、その表現に世界でどのように対応しているかが報道された。

コロナウイルスの新しい亜種

  • WHOは、9月に英国でコロナウイルスの新しい亜種が発見されたことを明らかにした。
  • その後、WHOによると、このウイルスの亜種だけでなく、デンマークとオランダ、オーストラリアで確認された。 南アフリカとイタリア政府も国内で新たな亜種が発見したと発表した。
  • これまでウイルスの新しい亜種についてワクチンの効果がないことが報告は存在しない。
  • WHO特使のデビッド・ナバロ氏は、英国で発見されたコロナウイルスの亜種は、人間のための強力な危険はないが、とはいえ、これまでよりも感染しやすいと指摘する。 英国では、新しい亜種の感染力は、おそらく70%以上に知られている。
  • その後、WHOはコロナウイルスの新しい亜種の死亡率に及ぼす影響に関しては、これまでの情報が確認されていないことを明らかにした。
  • 日本政府の加藤勝信官房長官は、日本の医療従事者は、これまで国内では、英国に拡大したコロナウイルスの新しい形の存在を確認していないと述べた。

英国の状況

  • ロンドン、イギリス南東部で19日、感染拡大のリスクレベルが最大値を4に設定されて生活必需品以外の取り扱い店舗の開店が禁止され、同様に、既に閉鎖されたレストランやバー、カフェのほか、管理美しい店やスポーツ施設も営業をすることができなくなった。
  • 多くのロンドン市民は当局が厳しい規制を発表した後、都市を離れ始めた。
  • 英国政府は20日、国内では一日の感染者数が記録的な3万5900人だったと発表した。
  • 一連の国は、すでに英国と国際路線の停止の決定をしている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスの信憑性が高い最新の情報を提供しています。特設ページを参照してください。

READ  NASAが8ヶ月にわたった中断を経て、太陽圏を脱出した「ボイジャー2号」に戻って信号を送ることに成功 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close