世界

コロナウイルスリアルタイムアップデートとオミクロン亜種ニュース

東京 — 木曜日 日本は、長期にわたる感染症閉鎖の長期的な影響に対する企業界と教育者の圧力が高まる中、3月から非観光客に対する国境を部分的に再開すると発表しました。

日本のオミクロン事例は頂点を取ったようで、最近は減少している。 岸田文雄日本首相は観光客を除くすべての外国人に対して1日5000人を入国できるように段階的に再開すると明らかにした。 日経アジアによると、1月現在の入国待機者リストには約40万人の外国人がいる。

入国する人は前後に検査を受けなければなりません。 3日後に音声判定を受けた人は、自格を解除することができ、良性判定を受けた人は、7日間の全体隔離を終えなければならない。

Kishidaは、追加の接種を受けた人々は、オミクロンの拡散が制御されていると見なされる国から来た場合、検疫なしで入国できると述べました。 彼は、そのリストにどの国が含まれるかを指定しなかった。

日本が同様の措置を取った11月以降、日本の国境が再び開かれるのは今回が初めてです。 当時、入国を待っていた人々は官僚的遅延と積極的に直面しました。 非観光外国人に国境が部分的に開放された3週間、104人が入国処理を受けたとニューヨーク・タイムズが報道した。

日本の47の都道府県のうち21の都道府県が「準緊急事態」の状態にあり、これはバーとレストランが通常の営業時間より早く閉鎖するように促すという意味です。 この状態は3月6日までの21県のほとんどで維持されます。

キシダは、追加の再開計画を暗示し、毎日の制限は、国のブースター率と他の国のオミクロンの状況に応じて調整できると述べた。

日本人口の12%未満が追加注射を受けました。 8月に2回目のワクチン接種を受けたKishidaは、3月上旬に追加の接種を希望すると言いました。

READ  ハワイで失わサーフボード8000キロ先のフィリピンで発見SNSでの所有者の特定の写真5枚国際ニュース:AFPBB News

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close