理科

コロナウイルス抗体は、症状の発症後3〜6ヶ月の間持続します:日本の主導研究



2016年4月21日、東京都港区で撮影されたこの写真には、東京大学医科大学ウイルス学教授である川崎岡義弘があります。 (毎日/千葉ノリカズ)

東京 – 東京大学医学研究所教授が率いる研究チームが実施した全国的な研究結果によると、コロナウイルスの患者の抗体は、症状が現れた後、少なくとも3〜6ヶ月の間持続する。

感染から細胞を保護する中和抗体の患者の発見はまた、身体が再感染からある程度自分自身を守ることができると研究チームは述べている。 研究結果は、英国の医学誌であるEClinicalMedicineのオンライン版に発表されました。

抗体は体内に流入するウイルスやその他の異物と戦って除去するタンパク質です。 その中中和抗体は、体内に十分残っている二次感染を防ぐことができます。

ウイルス学の教授である川崎岡義弘(Yoshihiro Kawaoka)が率いるチームは、24〜83歳の日本のコロナウイルスの患者39人(平均年齢62歳)の協力を得てCOVID-19の症状が発生した後、2〜25回の血液サンプルを収集しました。 研究者は、最大約6ヶ月の間に、各患者の抗体量を調査しました。

39人の患者のうち13人は軽症の症状に苦しんでおり、12人は中等度の症状で入院し、14人の重篤な症状に人工呼吸器を使用していました。 それらの25人(64%)は、糖尿病と高血圧を含む既存の疾患を持っていました。

患者の抗体がどのくらい持続されたかのチームの分析はCOVID-19の症状が発生した後、約20日間で最も多くの量を発見した。 その後徐々にその量が減少したが、研究者は、症状が現れた後、3〜6ヶ月の間に抗体が残っていることを発見した。 減少する速度も、時間の経過に応じて減速します。 中和抗体も明らかに長期間持続しました。

再感染を防ぐためにどのように多くの抗体が必要では知ることができないが、免疫反応が弱い高齢患者の間でも、ウイルスが体内に入った後の抗体の数が増加したと川崎岡教授は言う。

人々がコロナウイルスに感染した直後の抗体が消えるという報告がありますが、チームは、最近の研究で高い検出感度を持つ方法を使用したました。 東京大学ウイルス学プロジェクト准教授であるSeiya Yamayoshiは「研究者は、検出感度が低い方法を使用して、抗体がまだ残っているにもかかわらず、残っている抗体を見つけることができない場合があったと思う」と説明した。

(科学環境新聞部岩崎歩、日本原作)

READ  データサイエンスを活用して、インドのユニクルロウル目指しYC開始SockSoho | TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close