エンターテインメント

コロナウイルス最新:ベトナム、ホーチミン市2週間閉鎖命令

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)大流行の制限新規入国者が減り、必要な外国人労働者が近い将来に国内産業の目を向けるという懸念が日本で高まっている。

一般的に、移民受け入れには消極的だが、日本は正式に、発展途上国を支援するために、外国人労働者のための技術インターン訓練プログラムを運営しています。

家庭やその他の介護施設を運営するさいたま市のケアサポートは2019年からベトナムのおよびその他の国で、若い人たちを採用し始めました。

現在13人の外国人労働者がインターンシップにあるか、「特定の機能労働者の在留資格を持っている。

しかしCare Supportが雇用する新しい外国人労働者は、感染症が原因で日本に入国することができなくなりました。

同社の関係者は、日経アジア “すべての療養施設が慢性的な人材不足に苦労している」と述べた。 「私たちは、雇用することを熱望し [foreign workers] できるだけ早く」

東京から北に100km離れた大泉の銅管工場で働くインドネシア移民| ©Kazuhiro Nogi / AFP via Getty Images

昨年、日本の高校を卒業した後、労働市場に参加した青年は、約18万人で、1990年60万人に比べて70%減少した。

「1990年代から外国人労働者が [this] 急落した」と外国人の雇用の問題に精通した弁護士杉田祥平は言った。

政府は永住を期待して、日本に来る移民に対して閉鎖的立場を維持しながら、非熟練外国人労働者の受け入れを拡大した。

インターン研修プログラムは、1993年に導入されたアジア諸国の非熟練労働者が日本で学んだ技術を使用して母国の発展に寄与することができるという点で開始されました。

厚生労働省によると、日本には、1993年の違法労働者を含む約60万人の外国人労働者があった2020年には約3倍の172万人に増加しました。

2020年末に日本でインターン研修プログラムに基づいて、約378,000人の外国人が働いていたが、これはファンデミクにこれ以上の増加が停止しましたが、5年前の約2倍です。

READ  錦戸亮ライブ生配信ではなかった!無観客どころか本人も不在| 女性自身

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close