スポーツ

コロナウイルス診断を受けた6人の追加オリンピックの聖火リレーの従業員

日本のオリンピックの聖火リレーを助けた6人COVID-19の診断を受けてコロナウイルスにかかったイベントに参加した全参加者数が8人で増え、主催者は明らかにした。

20代の男性と30代の男性を含む6人が4月27日鹿児島県南部からの中継を助けたと、東京2020は、土曜日遅く声明を通じて明らかにした。

それらのすべては、交通制御を助け、マスクを書い、それらのうち3人奄美市では、残りの3人は霧島市でそうした。

先月初め、南四国島での聖火リレーを助けた他の二人が、コロナ19診断を受けたが、これには香川県で交通を案内する30代の警察官が含まれます。

東京2020主催者は、人々にCOVID-19のガイドラインを遵守することを求めました。

日本の当局は、オリンピックの参加者を保護することを決定した世論調査で明らかになった地元の人口は、イベントがより多くのCOVID-19感染につながるという恐怖のためにオリンピックに大きく反対しています。

日本は先月、東京と大阪の主要な人口センターと5月11日まで続く他の2つの地域の4次感染を含むことCOVID-19の状態を緊急事態を宣言しました。

伝染病のために1年遅れThe Gamesは、7月23日にオープンする予定です。

表示| 安全なオリンピック開催のためのIOCの計画説明:

国際オリンピック委員会(International Olympic Committee)は、オリンピックを控えて安全衛生対策をまとめた第二版のプレイブックを水曜日に公開しました。 1:19

READ  天皇杯Jクラブに挑戦するアマチュア2チームが決定! 福山市は初出場でベスト8進出! Honda FCはつくばに逆転| ゲキサカ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close