エンターテインメント

コロナ対策として「自殺者も高齢者の死亡率も上がる」? 和田秀樹が指摘(1/5) | AERA dot(アエラ点)

和田秀樹(撮影/写真部オグ冴夏)

和田秀樹氏(右)と林真理子さん(撮影/写真部オグ冴夏)

和田秀樹氏(右)と林真理子さん(撮影/写真部オグ冴夏)

精神科医として活躍する一方、著書執筆や評論など多岐に活動する和田秀樹氏。 作家林真理子氏との対談で精神科医の観点から見ると、現在のコロナウイルスの状態と自殺者が増え、高齢者の死亡率も上がると指摘した。

[와다 히데키 씨와 하야시 마리코 씨의 투샷 사진보기]

* * *
リン:先生は前から「とてもコロナコロナとあれば、心を病む人が多くなる」と警鐘を鳴らしていますが、おっしゃるとおり、8月に女性の自殺者が40%も増えてきまし種。

和田:日本のコロナウイルスは、日本の医学が悪いところが形になって現れていると思います。 たとえば、東京の大学の内科は、私たちが学生時代以来の最もよい内科、第二内科、第三内科、第四内科に分かれていたが、平成になり、臓器別診療しても消化器内科とか呼吸器内科や糖尿病専門の内科や腎臓内科とかに分けてしまいました。 人間を全体的に診察より長期で診察形に変わってきた。 したがって、医師は、自分の専門機関のものしか伝えることができなくなってしまった。

リン:縦割り行政のようなものですね。

和田:はい。 今回のコロナにも感染対策専門家会議の人選をしたときに感染の専門家だけで集めてしまったため、感染予防対策として「なるべく人と会わずに家にこもってみましょう」と言う。しかし、精神科の立場から言えば、出てない光に露出され、セロトニンという神経伝達物質の分泌が減るから、うつ病にかかりやすいんですよ。

リン:ほぉ。

和田:私は老年もしていた高齢者の閉じこもり生活は下半身が弱まれば、免疫も悪く、心も悪く、脳の機能を弱体化されることもある。 そのような意味で、全体的に見れば、今の感染症対策は、人間全体について悪いと思います。 感染症対策には良くても、他に弊害があることが議論されていないからだ。

リン:専門家会議とか感染対策分科会では、政府に提言が、政府の対策がそう振り回さ良いですか。

和田:安倍政権になってからの悪いところだと思いますが、様々な形で議論すればいいのに、どちらの方向にのみ正しいそうは違っのようになってしまった。 これは、少なくとも認知科学の立場では、よくない。 うつ病の予防対策として最も重要なのは、様々な考えがあるということです。 「そうしなければならない」とか「これが正しい定められている」とみなす人は、それがうまくいかないようにすると、抑うつになりやすいのです。



READ  「League of Legends」の世界観を継承する新作RPG「Ruined King:A League of Legends Story」が2021年初めに、PCとユーザーのために発売

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close