トップニュース

コロナ恐怖が頻繁になって日本は海外観光客を迎える準備をしている

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

TOKYO – 東京の人力車スタッフが英語を話せるスタッフを追加しています。 これは日本が海外観光客の帰国を準備しているという確かな信号です。

コロナウイルス感染の拡散を抑制するための日本の国境管理が今月初め徐々に緩和され始めました。

寺院、古風なレストラン、人力車で有名な東京旧市街の浅草の着物レンタル店、大吉の所有者であるYusuke Otomoにとっては良いニュースです。 彼は興奮をかろうじて抑えることができません。

「難しい3年でした。 しかし、我々は今日まで耐えることができた。 そして、そのような経験をした後、海外から来た人々がついに戻ってくることができると思うのは単にスリルです。」とOtomoはAPに語った。

「コロナ以前と同じように、私の店、浅草通り、そしてみんなの心が再び盛り上がるのではないかと思います。 待つことはできません。」

ファンデミック以前、浅草は外国人でいっぱいで、時には日本人よりも数が多かった。 コロナ事態以後の距離は寒山だった。

「魂は見えません。」 彼は悲しく言った。

一部の着物レンタル店は折りたたんだ。 レストランはドアを閉めた。

レストランは早く閉鎖し、人々は社会的距離を維持し、イベントの出席を制限しなければならなかった都市のCOVID-19制限が徐々に緩和され、群衆がついに戻ってきました。 しかし、ほとんどの訪問者は日本人です。

東京のダウンタウンにある日本酒と焼酎ショールームであるJSSインフォメーションセンターの総責任者であるSuso Imadaは、外国の訪問者に、あらゆる種類の日本の伝統的な清酒とあらゆる種類の非日食を調和させる方法について話すのがとても寂しくて痒いと言いました。 、さらにチーズと牛肉。

「ある意味、私たちはやるべきことがあまりなく、ただ待つ必要がありました。 もうドアが再び開かれた」と話した。

しかし、観光客を待っている他の人と同様に、彼は現在実施されている観光団体の限られた立場のために自分のセンターを快適に訪問する時間がないかもしれないことを認めました。

訪問者は、旅行者に特別なコーディネーターを置き、特定のパスを維持し、マスクの着用、定期的な消毒剤の使用などの規則に従うように指示する指示に従う必要があります。

コロナ以前に観光産業は世界3位の経済規模を誇る日本経済の主軸として活況を呈していました。 2019年外国人観光客は3200万人で史上最大値を記録し、2020年目標は4000万人だ。 コロナ19事態以降、政府は外国人入国者に対して相当期間外国人入国者を徐々に厳しく制限した。

6月10日に外国人観光客の訪問を許可しているが、個人ではなく団体観光客に限って限られた人員だけで訪問が可能だ。

通常、ビビザの入国が可能な国の人々を含むほとんどすべての人にビザが必要です。 米国を含むいわゆる「ブルー」国の98カ国から来た旅行者にのみ提供され、これらは最小健康リスクがあるとみなされ、72時間以内にコロナ19音声判定を受けたという証拠を提示すれば検疫所なしで入国することができます。 彼らの出発。

高リスク国で日本に入国する人は、自宅または政府指定施設で3日間隔離する必要があります。 すべての旅行者を含む20,000人の到着に1日の制限があります。 そして、外国人観光客に開放される空港も徐々に拡大しています。

コロナ19に対する懸念は依然としてあります。 他の波で感染が再発すると、感染症の予防措置が再び戻る可能性があります。

混雑した島国 日本は外部の危険と感染症に警戒しています。 Otomoと他の人々は、日本人は観光客がほとんどいないことを見て約2年後に少しの適応があると言いました。

だから当局はゆっくり。

最近、日本中部愛知県で東京を訪れた岩瀬みなほさんは「私を含め、みんながマスク着用と衛生規則を遵守する限り海外観光客が来ればいい」と話した。

多くの観光客は、独立旅行の制限のために諦めることができます。 しかし、いくつかは気にしないようです。

「友達が今回の日本旅行に一緒に行こうとしたとき、私はすぐに「はい」と答えました。 前に日本を訪れました。 私は彼らの食べ物、伝統、そして高度に組織化された文化が大好きです。 日本は偉大だ」と先週、バンコクから出発する飛行機に搭乗する準備をする8人のタイ人グループに合流した会社員Sorrasek Thuantaweeが言いました。

タイ旅行会社のCompax Worldが入国規制を緩和して以来、初めて日本を訪れるグループのガイドであるNuttavut Mitsumotoは、「日本は100%開放されていないが、日本が最も好む目的地だ」と述べた。

日本円は、今年の米ドルやその他の通貨について弱気を見せ、訪問を低価格にしました。

先月、金融商品を比較する無料オンラインサービスであるMoney.co.ukの調査によると、ミシュランスターの食事や5つ星ホテルを含む最も安い「ラグジュアリー旅行」で、大阪は4位、東京は8位を占めました。

浅草に戻ってきた人力車片山俊平(Shunpei Katayama)は、COVID-19以来初めて外国人観光客を運転したことがありませんが、英語を話せる運転手がまた仕事をしています。 そして今、東京の外から来た日本人の訪問者が彼を忙しくしています。

「グアムや他の海外観光スポットに行けない日本人は渋谷を訪れます。 そして浅草」と言った。

最近、大友は東京で開かれた友人の結婚式に出席するために華やかな着物を着た日本人の母娘の写真を撮影している。

彼の店を頻繁に訪れた外国人の顧客は、剣と髪の装飾をしたサムライ、忍者、芸者の扮装に熱狂しました。 国籍を問わずすぐに友達になった人々もいたと大友は少し感想的に回想した。

「彼らが幸せなら、私も幸せです。 彼らは私のアドレナリンを引き起こす」と述べた。

バンコクのAPメディア、Tassanee Vejpongsaと東京のHaruka Nugaがこの報告に貢献しました。

影山ガラスはTwitterにあります。 https://twitter.com/yurikageyama

READ  ソニー、「鑑賞画質」の「空間再現ディスプレイ」約50万円 - AV Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close