理科

コロナ災害リスク高く、高血圧の予防、生活習慣| 女性自身

(写真:アフリカ)
画像を見る

高血圧は男性に多くの画像がありますが、実際には40歳以降の女性も徐々に血圧が高くなる傾向がある。 閉経になると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少に応じて、血圧を調節する自律神経の機能が乱れ、血圧が上がってしまうのだ。 「自分は低血圧である」と固く決意している女性は多いが、久しぶりに測定してみると、高血圧があったこともあるのだ。

「今年はコロナ災害により、多くの人々が家に入らなければ傾向があります。食事の量は変わらない、むしろストレス解消のために、食べ過ぎシミがありますが、運動量は減って体重が増加した人も多いでしょう。摂取カロリーが増え家飲みなど酒量が増加すると高血圧になる危険性が高まることです。」

その警鐘を鳴らすのは、高血圧を中心とした循環器専門医・渡辺尚彦医師。 渡辺先生自身、87年8月から連続ポータブル血圧計を装着し、その後365日24時間血圧を測定するために継続的に言えば、血圧の専門家である。

「食生活で重要なのは、塩分を減らす塩分を過剰摂取すると、血液の浸透圧を一定に維持するために、血液の水分が増加します。その結果、体内を循環する血液量が増加して末梢血管の壁にかかる抵抗が高くなり、血圧が上がっててしまうのです」(以下「 “渡辺博士)

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年度版)」では、ナトリウム(塩分)成人の男女兼用の推定平均必要量は、一日6,000mgしている。味が濃い食べ物が続いたり、ジャンクファストフード私ならばかり食べているか、と瞬時にこの基準を超えて塩分過多になる。

「明らかに塩分が多いのは控えるしかない塩分を減らすコツがあります。まず、塩や醤油をかける代わりに、酢と唐辛子や唐辛子などのスパイスを使用している。しかし、キムチとタバスコ塩分が多いので×。ネギ、ショウガ、シーソーなどの調味料やレモンやみかんの木などの柑橘類を利用することもいいですね」

また、アボカド、バナナ、メロン、リンゴなどは降圧作用があるカリウムを多く含有している。 この「4大バック果物」を積極的に摂取することもお勧めだ。

血圧を下げるためには、有酸素運動も有効であるとされている。 1日6〜8千歩は歩いていったら、普段あまり動かない人が突然無理をすれば、腰と膝を痛めることになることもある。

「まず、歩数計、自分が普段どのよう歩いているかどうかを測定して歩行を把握しよう。年齢と筋肉量の違いもありますので一概には言えませんが、現状では少しずつ増やしていくことがいいですね。自分で歩行を書き、デザインすることが重要です”

睡眠時間が短いと、血圧は上昇傾向にある。 6〜7時間がベストだが、高齢者は3〜4時間で十分である。

「眠らないとならないという強迫観念で眠れなくなれば無理して眠らなくても大丈夫。昼寝を長くすると、夜に眠れないされるので、昼寝は15分以内に大事にしましょう。日常生活でストレス発散をするように自分の好きなことを懸命に努力して、趣味に没頭してよく笑ったりすると、気分もスッキリして、健康に、降圧作用もあります」

READ  今夜、しし座流星群の活動がピークにピークは17日(火)深夜〜18日(水)午前 - ウェザーニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close