経済

コロナ19が消費を直撃し、輸出好況にもかかわらず、日本のインフレ率は安を見せた:ロイターの世論調査

  • reuters:// realtime / verb = Open / url = cpurl://apps.cp./Apps/econ-polls?RIC = JPEXPY%3DECIは調査データをエクスポートします。
  • reuters:// realtime / verb = Open / url = cpurl://apps.cp./Apps/econ-polls?RIC = JPCPI%3DECI CPI調査データ
  • reuters:// realtime / verb = Open / url = cpurl://apps.cp./Apps/econ-polls?RIC = JPMORY%3DECI機械受注投票データ

東京、8月13日(ロイター) – 日本の輸出好況は7月まで続いたが、消費者物価は下落した可能性があることがロイターの世論調査によると、強力な世界的な需要に恩恵を見るメーカーとCOVID-19感染の復活に苦しむ小売業者の間のギャップを強調しました。

混合されたデータの配置は、脆弱な経済回復を妨げずに、デルタの亜種の事例急増に対処するためにあり、政策立案者が直面している課題を強調しています。

ロイターが調査したアナリストによると、輸出は前年同月比48.6%増のに続いて、7月に39.0%急増したことが予想される。

Mitsubishi UFJ Research and Consultingの経済学者であるKenta Maruyamaは「輸出は、資本支出のための強力な世界的な需要のおかげで、資本とIT関連商品が主な同人として作用し、強さを維持するだろう」と言いました。

7月の輸入は、部分的には、原材料価格の上昇により、前年同期比35.1%増加した可能性があることがわかった。

世論調査によると、日本の7月の主要消費者物価は、内需安の信号で、前年同期比0.4%下落した可能性があります。

低下は部分的に、最近急激に下落した携帯電話料金に、より多くの重みを付与する消費者物価指数(CPI)の基準年変更のためです。

アナリストは、基準年の変化に重要なCPIが約0.7%減少すると予想します。 政府によると、新たな基準年度で6月のコア消費者物価は、以前の基準年度の0.2%上昇に比べて0.5%下落しました。

Norinchukin Research Instituteの南武チーフエコノミストは「日本はサービス部門の企業が大流行により、緊張を経験している米国と欧州だけインフレが加速されることを見ないだろう」と言いました。

一方、コアの機械受注は6月に2.8%減少して4カ月ぶりに資本支出への懸念を伴う信号であることが分かった。

政府は8月18日(2350GMT、8月17日)の午前8時50分に貿易と機械受注データを発表します。 消費者物価のデータは、8月20日(2330GMT、8月19日)の午前8時30分に終了します。

Daniel LeussinkとLeika Kiharaの報告; サイモンキャメロンムーア編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  BlackRockのLarry Fink、年次メールでより抜本的な気候目標設定

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close