トップニュース

コロナ19で日本入国待機している外国人37万人

東京 – コロナ19の拡散を抑制するための国境管理のために、10月1日現在の在留資格事前認証を受けたにもかかわらず、日本に入国することができない外国人が37万人以上と日経が把握した。

日本に来ることができない人の約70%は、技術インターンと留学生です。 多くの国が入国制限を緩和し、経済を再開するための措置を取っているが、日本では、原則としてすべての国の外国人の入国を遮断しています。

外国人が3カ月以上日本に滞在するために日本に旅行する前に、資格証明書を申請する必要があります。 政府筋によると、出入国管理事務所は、2020年1月以降57万8000人に資格証明書を発行しており、このうち37万1000人、まだ日本に入国していなかった。

政府は今年1月、国境管理を強化した。 帰国する外国人と日本人の配偶者等の特別な地位を持つ者だけが入国することができます。 帰国する外国人は、PCR検査を受けて検疫を受けてください。

保健省は、制限の緩和を検討しているが、より多くの外国人を日本に許可すると、COVID-19の事例とウイルスの新しい亜種の増加につながることを懸念しています。 自民党の一部の政治家たちは、以前の感染の急増が不十分な国境管理のためだと信じてルールの緩和に反対します。 また、省庁と自民党の間に調整がないようだ。

政府は10月31日の総選挙後に国境管理を段階的に緩和して、短期出張客を優先的に行う計画である。

これらの制限は、日本の慢性的な労働力不足に圧力をかけています。 2020年以降、日本に入国する予定の技術研修生は19万4000人で、二重11万1000人、日本に入国していなかった。 建築業界労組の代表は、日経に「複数のケースがある。 [of companies that] 受信があきらめた [trainees]「一パブチェーンの幹部は「景気が回復すれば、外国人労働者を確保するための競争があることがある」と述べた。

READ  毎2カプセル社帰還祝福ムード - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close