経済

コロナ19以降ブームが沈みながら8月日本家計支出鈍化 BY Investing.com

©ロイター。

アンバ・ウォーリック

Investing.com– 今年8月、日本の家計支出は、コロナ19の制限解除による消費者支出の増加傾向が気力が下がり、鈍化したことで金曜日のデータに現れました。

8月には前月より1.7%下落し、0.2%の成長に対する期待を下回りました。 支出中、6.7%の年間成長率に対する期待を依然として下回りました。

食品やユーティリティなどの項目の支出は着実に増加しています。 しかし、消費者は家具や住宅などの高額購入に警戒した。

この数値は、インフレの上昇と弱さが消費者の心理に大きな負担を与え、今年の日本政府がほとんどのコロナ関連規制を緩和した後、初期の上昇を相殺していることを示しています。

8月に1.7%成長しましたが、まだ遅れて8月に3%成長しました。

第2四半期には、消費者支出の堅調なおかげで、予想以上に成長しました。 しかし、市場は、インフレの上昇と不安定な商品市場による逆風が大きくなる中で、2022年の残りの間の経済展望について懐疑的です。

円安は今年の消費者支出に最も大きな逆風とされてきた。 先月、円は24年ぶりの最低値に落ち、ドルの圧迫が大きくなり、これまでそのレベルで回復することに失敗しました。

通貨は読取り後に大きく変わらず、145レベルのすぐ下で取引されました。

円の急落は、世界的に金利が上昇しているにもかかわらず、超低金利を維持したことから大いに引き起こされました。

それにもかかわらず、BoJの最近の会議は、一部の金融政策委員会のメンバーが、特にインフレが予想をはるかに超えた場合に究極の緊縮政策を検討していることを示しています。

日本はまた、日本が今年記録的な貿易赤字を記録した商品価格の上昇に苦しんでいます。

READ  経済回復貿易アジア株式、商品利得| ロイター| 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close