スポーツ

コロナ19緊急事態にオリンピックの準備が未日本の札幌

オリンピック主催側がマラソンイベントを東京で北部の都市札幌に移った時、日本の首都の激しい夏の暑さへの懸念のためにそのようにしました。

2年後、批評家は、主催者側がフライパンで火の中に効果的に優れてい聞い言います。

札幌は現在コロナウイルス感染の再発により、Covid-19状態にあります。

市当局は、期待の選手の数と健康施設の詳細情報を含む重要な情報がまだないながら、世界最大のマルチスポーツイベントを開催する住民の反対が大きくなっています。

オリンピックの準備を担当している札幌市中央区期隆公務員は「まだ行動がない」と述べた。 「十分な時間がありません。」

二か月もたたない残った時、札幌が主要都市最北端の島である北海道は、日本で2番目に高いCOVID-19の割合を記録し、東京よりも約43%高い。 人口が200万人に過ぎない札幌は、新規事例のほぼ3分の2を占めています。

市職員と住民の両方での医療システムがすでに展開された時期に運動選手とサポートスタッフの膨大な流入を心配しています。

Okugiは、管理者が東京2020組織委員会に感染した参加者を治療するためにいくつかの病院を指定するかどうかを含めて、重要な問題に必要な詳細を要求しながら繰り返し要請したました。

「今まで私たちが聞いている多くの回答はまだ決定がない場合、またはまだ検討中です。」とOkugiは言いました。 「明確な構造が存在しない場合はまだ時の医療システムがどのように影響を受けることができるか知ることができないので、組織委員会の情報をすぐに望んでいる。」

東京2020組織委員会は、すぐに言及していない。 日本の最高政府の管理やオリンピックオルガナイザーは厳しいコロナウイルス対策を実施して、「安全な」ゲームを開催することを約束しました。

札幌は先月初め、今後の試合のためのテストイベントでハーフマラソンを開催した。 6人の国際選手を含むすべての参加者は、イベントが始まる前の週に毎日体温を記録し、健康アンケートに答えていました。

都市ではすでに感染が増加している中、主催者は観衆にテストマッチを見ないように促しました。 従業員は、マスクを着用し、時には顔面プロテクターとプラスチック手袋を着用しました。

World AthleticsのSebastian Coe代表は、主催者がレース運営とCovid-19対応策をすべて渡すことができていると言いながら、テストイベントに高いスコアを与えました。

主催者側は、すでに国際観衆をオリンピックに招待していないことを決定したが、現地の観客の参加するかどうかはまだ発表していない。

Okugiは不確実性がまだ札幌での観客を収容する計画がないことを意味すると述べた。 札幌はまた、7月と8月に開催されるオリンピック期間中のサッカーの試合とレースワークイベントを開催する予定である。

READ  ベトナムのゴールキーパー、日本のセレッソ大阪に参加

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close