トップニュース

コンテナ不足は、日本の果物の輸入に影響を与えます

ジェイapanは2021年2月の間に112,100トンの新鮮な果物を輸入したが、これは12ヶ月前輸入された総輸入量の8%減少しています。

東京シェイカー(Tokyo Seika)のジャック守屋(Jack Moriya)社長によると、輸入量の減少は、世界的に冷凍コンテナが不足した可能性があります。

守屋は、米国から日本に行く路線が最も大きな影響を受けたと語った。 「レモン(-56%)、グレープフルーツ(-32%)、オレンジ(-50%)、柑橘などの果物はほとんど2020年2月の輸入量の半分にも満たなかった。」

「Kiwifruit輸入は38%減少しました。 輸送の追加強化

特に冷凍コンテナのような可用性は、フィリピン、ニュージーランド、南米国などの他の国でも不足が拡大され、半年ほど続くと予想されます。」とMoryiaは付け加えました。

アボカドは冷凍挑戦を避けます

守屋は2021年1月と2月に総11,868トンのアボカドを輸入しており、これは1年前の同じ期間に比べて8%増加したことに気づいた。

「今まで冷凍コンテナ不足は、日本でのアボカド出荷に悪影響を及ぼさなかった。

守屋は「2020年半ばからの輸入単価が低くなり、小売店でアボカドの良い移動が可能だったが2021年3月、メキシコの輸出価格引き上げ決定で輸入業者は、ペルーなどの代替供給業者を見つけました。

食卓用ブドウの早期開始

食用ブドウの輸入は、2020年の2ヶ月の期間に比べて2021年1月と2月に5%減少しました。 約4,442トンが輸入されており、チリのシェアは87%でした。

「チリのからの輸入は悪天候のため、13%減少しました。 これにより、オーストラリアでの出荷が、通常よりも早く開始されました。 “

READ  「スパイの妻」黒沢清監督の銀獅子賞ベネチア映画祭北野武監督の後 - 産経ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close