エンターテインメント

コンテンツパンダ、「魔女2部。 アーサーワン」124カ国販売(単独)| ニュース

韓国コンテンツパンダ、アクション続編販売 魔女:パート2。 もう一つ ドイツ、ベネルクス、ポーランドのスペンデッドフィルムを含む124カ国。

パク・フンジョン監督の2018年ワーナーブラザーズスポンサーSFアクションミステリーフォロー 魔女:パート1。 アワビ続編では、Shin Siaは、いくつかの暴力団体によって追い出される一流の秘密研究所から脱出する無名の力を持つ別の女の子として出演します。

この映画は、中国(Pumpkin Film)、日本(Twin)、CIS、バルト海沿岸(Volgafilm)、ラテンアメリカ(Tulip Pictures)、台湾(Movie Cloud)、中東、北アフリカ(Krisco Media)、インドでも販売されています。 (Star Entertainment)、モンゴル(The Filmbridge)、インドネシア、シンガポール、ベトナム、マレーシア、香港、カンボジア、タイ(Clover Films)、先に発表したように、北米、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド(Well Go USAエンターテイメント)。

夏発売

ゴールドムーンフィルムが制作し、NEWが後援して地元配給する、 魔女:パート2。 もう一つ 6月15日国内公開。

コンテンツパンダは配給会社と協議してすぐに11カ国に公開する予定であり、北米とモンゴルは6月17日に公開する。

インドネシアは6月29日、シンガポールは6月30日、ベトナムと台湾は7月1日、カンボジアは7月11日、香港とタイは7月21日、マレーシアは7月28日公開する。

Doris Pfardrescher社長兼CEOは次のように述べています。 」と言いました。 ウェルゴUSAエンターテイメント所属。

他の地域のバイヤーも原作の人気に注目し、フランチャイズのアクション、スリル、視覚効果、恐怖について言及しました。 」魔女:パート1 始まりだった[ed] 限定公開を皮切りに、徐々に日本OTT市場で大ヒットを記録している。 配布することを嬉しく思います 魔女:パート2 Twinの専務取締役であるKeizo Kabataは、「日本の観客はこの強力な続編を見たくないと確信しています」と述べました。

また、原作のキム・ダミをはじめ、イ・ジョンソク、パク・ウンビン、ソン・ユビン、チョ・ミンス、ジングなどが出演する。

映画振興委員会によると、現在の前売り率33%で国内前売り率1位だ。 トップガン:マーベリック、 ロッテエンターテイメントが6月22日に発売する予定の22%、ディズニーがその後に続いた。 光年 14.6%を占めています。

READ  日本のテニス選手Kei Nishikori、大流行に東京オリンピック開催を懸念

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close