理科

コンピュータ断層撮影血管造影で発見された頭蓋外脊椎動脈の入口と起源

非侵襲的で簡単なイメージング技術であり、手術に非常に重要な高品質のCTAのおかげで、すべてのケースでVAの入り口の位置と出発点を認識することができました。 VAが異常領域を通過すると血管損傷が発生する可能性があるため、VAの入口と起源は首の腫瘍切除に不可欠です。 さらに、脊椎動脈の入口は星状神経節遮断に重要である。 遮断は、一般的に、C6横断の前側結節で行われる。 VAがC5横突起以上の穴に入り、頸椎横突起間のVAを露出させると、VAが針経路内に位置しやすくなる。 これらの異常なVAを認識しないと、生命を脅かすイベントが発生する可能性があります。サム。 脊椎動脈の起源はまた、末梢血管介入中の大動脈弓ステントの配置に非常に重要である。 そうしないと、脊椎動脈の怪我や局所閉塞を引き起こす可能性があります4

論文を検討する過程で、様々な報告書で脊椎動脈入口の変化率にわずかな違いがあるという興味深い問題が発見されました。 私たちが発見した異常な進入レベルのボラティリティは8.30%で、Republika Srpskaでは12.5%でした。5ドイツ 15.7%65.75% in Isreal7日本では、LVの7.0%、RVの6.2%8台湾、ROCで8.7%9タイでLVの5.3%とRVの0.8%10韓国 5.1%11韓国の他の研究では、LVの8%とRVの6.6%12トルコLVの7.5%13。 これはサンプルサイズと構造の違いとして説明できます。 しかし、これらの違いは、人種的な違いによる脊椎動脈の胚発生の違いとも関連しているようです。 私たちの研究は、中国の人口のギャップを埋め、信頼できる基盤に基づいて追加の関連研究を照らします。

文献は、約1〜3%の範囲で大動脈宮内の左VAの起源の頻度を示しています。14。 私たちの結果は、VA起源の全体的なボラティリティが1.57%であることを示しています。 さらに、脊椎動脈の視覚的変化はすべて左側で起こることを確認した。 特に、私たちの研究は、LVAが大動脈弓で発生したときに入口レベルの変動が50%に達したことを発見しました。 正常起源と異常起源を有する被験者のサブグループとを比較すると、横穴レベルの進入変動頻度に有意な差があった。があるという日本の発見と一致した。8。 同様に、Lin et al。9 異常なVA起源の患者の正常C6進入レベルに対する異常進入レベル(C4またはC5)の比率は有意に高いと報告した。 メーラー他6 大動脈宮から起源のLVAは、C6レベルから横穴には絶対に入らないと主張したが、これは鎖骨下動脈に隣接する大動脈弓起源を有するC4またはC5、または大動脈を有するC7レベルでより高いレベルに入ることが判明した。 。 それぞれ鎖骨下動脈遠位のアーチ起点しかし、彼らの見解は、私たちの発見を考えると矛盾を引き起こしました。 興味深いことに、私たちの発見は、異常なLVA起源の患者の50%が横穴への相関した異常な進入レベルを観察したのに対して、残りの50%は正常な進入レベルで発見されたことを明らかにしました。 一方、リンなど9 LVA起源は、異常な患者の4.34%が正常な入口レベルで観察されたことを示しました。 我々の研究と彼らの研究の間の大きな比率の違いは、胚発達研究への我々の関心を引き起こした。

大動脈弓と大血管の発生学の簡単なレビューは、これらの変化をよりよく理解することができます。6。 胚は6対の一致する大動脈弓を発達させます。15。 この大動脈弓は選択的アポトーシスを受け、残りの枝の血管は大動脈弓と大きな血管を形成します。 この過程で、時々解剖学的変異が形成されることがあります。 最初と2番目の大動脈弓(IとII)は縮退します。 対をなす3番目のアーチ(III)は、両側内頸動脈の最初の部分を形成します。 近位右第4アーチ(IV)は、内側乳腺動脈に対する右鎖骨下動脈の起点として機能し、一方、右第4アーチの遠位部分は退行する。 左四宮(IV)は退行して、左総頸動脈の起点と左鎖骨下動脈の間に成人宮の小さな部分を形成します。 5番目のアーチ(V)は後退するか、完全には形成されません。 第6宮(VI)は肺宮を形成し、右肺動脈と動脈カテーテルで発達します。16

VAはセグメント分裂動脈の垂直吻合です。17。 両側のVAは、通常、7番目のセグメント間の背側動脈の遠位端で発生します。 水平内部胸部動脈に対する鎖骨下動脈の近位2/3は左7番目の背側節によって形成され、近位鎖骨下動脈の遠位1/3は右7番目の節によって形成されます。 血管奇形は、アーチの胚の発達の間、いつでも異常な吻合に起因する。 吻合の時期と位置は、成長後の変異の究極の起源を決定します。 特に、VAは昇順および深い頸動脈に吻合することができます。 脊椎動脈入口レベルの違いは、上行または深部頸部動脈吻合の優勢に関連している。

脊椎動脈の起源と変異をよりよく理解するために、Lin et al。9。 RVAは通常、鎖骨下動脈の最初の部分で生成され、第6の首骨(C6)の横穴に流れ込み、C6の横方向の突起を通って最初の首の骨(C1)に流れます。 C1から頭蓋内セグメントに拡張されます。 穴マグナムを通して。 しかし、LVA起源の解剖学的変化が観察された。 LVAと上行頸動脈の間に吻合が起こり、上行頸動脈が主導すると、LVAはC5レベルに入り、C5からC1に上昇し、最終的にC1から頭蓋内セグメントに上がります。

具体的には、種間セグメント吻合が上行頸部動脈のような腹側群によって支配された場合、6次頸部切動動脈で示された異常なVAが上行頸動脈に沿って移動し、C5以上の進入レベルまで横空に移動した。 一方、アスペクト節間吻合が深部頸部動脈のような等脊椎外側群によって支配された場合、異常なVAは深部頸部動脈に沿って流れ、C6から横孔に入るレベルに下方に移動した。

READ  研究によると、SARS-CoV-2は私たちの免疫システムを回避します

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close