経済

ゴルフ:カン、日本で10位。 波群山、バッグに11のクラブで優勝

Rahil Gangjeeは2秒にアーリーバーディーで必要に応じて開始し、Gate Way to The Open Mizuno Openの最終日にTied-secondに移動しました。 しかし、その後、彼はあまりにも多くの例を落とし、彼争う十分バディが不足しました。 彼はワシでトーナメントを終えたが、彼の偶数パー72は、タイド10位万十分だったので遅すぎました。

バトルリング仕上げはまだ彼が2021年に最高のフィニッシュを記録するのを見、2022年のプレイ権利を維持するために大きな力となりました。

オーバーナイトリーダージュビク波群山(68)が長野龍太郎(66)を3打勝った。 二人とも、7月Royal St. Georgeの ‘sで開かれた149回目のオープンから一桁を占めました。

カンは一晩の間に第三のホールでバーディーをし、一晩の間にリード波群山が早く見ながら10アンダーで上がった。 カンはタイ秒で、ネギ群山続い踏ん、後もう一つの例で首位を失った。

しかし、11のクラブに自分のバッグをキャディたフィリピン人は、自分の形を取り戻し、もはやビューがない4アンダー68、17アンダー合計17アンダーで長野(66)を3打勝ちました。

喜びの涙を流す波群山は「勝利に10年かかった。 これで安心です。 私はイギリスに行く。 再び行くことができます(彼は2012年にそこで走りました)。 ビザはどうすればよいですか? 隔離措置はいかがでしょうか? “

再びバッグに11球団だけ入れたまま走りながらパー群山は3連勝で一日をスタートし、一日の終わりのようなマージンでリードた。

READ  アジアの株式市場は、ほとんどの中国の不動産の懸念に損失拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close