エンターテインメント

ゴレエダの名前は映画産業の不況を解決するための体です。

有名な映画監督 五重田弘和は、嫌がらせと低賃金に対する長時間の苦情の余波で労働条件の改善に取り組んでいる業界大物の一人です。

彼らは現在、国内映画業界を悩ませる問題を解決するために、フランスのCentre National du Cinema et de l’Image Animee(CNC)の日本版を設立することを目指して、action4cinemaというグループを設立しました。

コレエダは日本外信記者クラブで開かれた記者懇談会で「私たちは日本映画産業が将来に持続可能で生存できるように相互支援システムを提供するために新しい組織を設立しようとしている」と話した。 6月14日東京。

そのほか、諏訪信弘、内山拓也、ソデ雪子、西川美和、深田浩二、船橋敦など6人の監督が合流した。

1946年に設立されたCNCは興行収入、放送料、ホームビデオ販売などの収益金の一部を回収する制度を設けた映画支援団体だ。 映画制作者、販売代理店、その他の業界関係者を支援するために業界全体に資金を供給します。

韓国映画振興委員会(KOFIC)は民官機関としてCNCをモデルにしている。

グループメンバーらはコロナ19ファンデミック(世界的大流行)以来、危機感が大きくなるにつれて日本版CNCを推進することに決めたと明らかにした。 彼らは多様性を確保し、労働者にやさしい環境を作るために国内の映画産業を根本的に改革しなければならないと述べた。

その目的は次のとおりです。若い人材育成、海外研修機会の提供、その他の教育支援の提供。 嫌がらせと性差別のない労働環境を提供します。 映画制作者と若い映画制作者がプロジェクトを開発するのを支援します。 劇場および配給会社のサポート。

俳優の薬昌告知、吉永さゆり、監督の山田洋次、浜口龍介も参加した。

action4cinemaは興行収益やその他の収益金を努力に使用する予定なので、東宝Co. その他3つの主要映画会社で構成される日本映画制作者協会(MPPAJ)の協力が必要です。 他の産業グループ。

メンバーたちは昨年から議論が始まったと伝えた。

MPPAJ関係者は朝日新聞に「全体的に同意する」と話した。 関係者は「だが、劇場、配給会社など利害関係者が多すぎて決定を下せない」と話した。

(この記事は三井さとうと藤森ほそみによって書かれています。)

READ  ラグビー2021、日本vsオーストラリアのライブオンラインストリーミング - Film Daily

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close