トップニュース

ゴン会長の拘禁は「恣意的拘禁」国連人権理事会作業部会|ゴーン会長| NHKニュース

k10012728011_202011241116_202011241137.mp4

中東のレバノンの逃亡者日産自動車のカルロス・ゴーン社長が日本での刑事訴訟での拘禁されたことについて、国連人権理事会作業部会は、「恣意的(無理数)拘禁」に該当する意見書を発表した。

日産の前会長、カルロス・ゴーン氏は、自らの報酬を有価証券報告書に少なく記載した罪と日産の資金を不正に支出した特別背任などの4つの容疑で東京地検特捜部に起訴保釈中、昨年12月に中東のレバノンに逃げました。

国連人権理事会の専門家グループ」恣意的拘禁実務グループ」は、ゴーン社長の今月20日に意見書をウェブサイトに掲載されました。

このうちゴン会長が日本で4回逮捕され、拘留が繰り返さ延長されたことについて、「ゴンさん拘禁を続けることができるように拘禁期間を回避しようとする意図があった」と指摘した。

そして、「公判前拘禁例外的なものであり、可能な限り短い時間でなければならない。拘禁が繰り返されたのは、国際法の下で根拠がない違法な手続きの乱用した」としたのに消え元会長の拘禁は「恣意的拘禁」に該当と結論を下した。

実務グループは、日本政府に対して早急な救済と独立した調査の実施を求めているが、意見書に法的拘束力はありません。

上川法 “明白な事実誤認」

上川法務部長官は、閣議の後の記者会見で、「日本の刑事司法制度を理解していないゴーン被告側の一方的な主張だけ依拠した明白な事実誤認に基づく意見書が公表されたことは非常に残念であり、到底受け入れることはできない」と述べた。

さらに、「政府として異議申し立てを行った結果であり、今後も可能な範囲で情報提供を行い、実際にオインルル質問したい」と語った。

外務省「 “恣意的拘禁」には合わない」

外務省はコメントを発表して、「ゴン被告の刑事手続については、法律に規定された適法手続きを厳格に履行して消え被告の権利を十分に確保しながら進められてきたものであり、「恣意的拘禁」には合わない」と反論した後、 「国連人権委員会のワーキンググループが消える被告側から一方的で限定された情報をもとに、今回の結論に至ったのは、韓国の刑事司法制度にかかる正確な理解に基づいたものではなく、非常に残念だ」とします。

そして今月20日に国連実務グループに異議を提起したします。

共鳴山口代表は「政府は説明つき “

公明党の山口代表は記者会見で「ゴン被告の主張に立って、「恣意的」というのは到底理解できず、政府は、徹底的に、国際社会の理解を得ることができるように説明を尽くしてもらいたい裁判所の許可がなければ、新兵拘禁ずゴーン被告の場合、証拠隠滅と逃走の恐れが泣き西集めラーズとの決定がされた」と述べた。

READ  福島県いわき市いわき市付近で通常4.3地震発生/火山

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close