ゴールドマンサックスが元BOJシニア経済学者のAkira Otaniを獲得

1 min read

ゴールドマンサックスグループは元日本銀行首席経済学者の明大谷を迎え入れ、研究チームを強化した。 グローバル投資家がアジア諸国と長年の通貨刺激策の終了にますます注目している中だ。

火曜日の声明によると、大谷は東京のウォール街銀行の証券部門に上級日本経済顧問兼常務理事に加わりました。 彼の採用は、同社の元首席日本経済学者ナオヒコ馬場がバークレースに加わってから数ヶ月後に行われました。

日本は数十年間のデフレを克服し、企業利益を強化するための大々的な整備を加速しつつ、国際的な注目を集めています。 経済学者は、中央銀行が3月にマイナス金利政策を廃止した後、いつ金利を引き上げるかについて議論しています。 大谷は経済学者として30年以上のキャリアを持っており、ロチェスター大学で経済学の修士号を取得しています。

大谷は最近、BOJの上級経済学者であり、研究・統計部門の局長を務めた。 それ以前は金融市場部門を率いて、債券の買収やその他の市場運営を監督していました。

「大谷氏の幅広い経験と日本経済への深い洞察力は、グローバル投資家がBOJと通貨政策の正常化に集中している時期に、私たちの顧客にとって非常に貴重な資産になるでしょう」 ゴールドマンサックスのシニア経済学者であり、グローバル投資リサーチ責任者であるヤン・ハチウスが報道資料で明らかにした。

ゴールドマンサックスは、債券取引がブームになり、昨年日本でより高い収益を記録し、主要投資銀行をリードし、そうでなければ世界的に厳しい環境で緩衝材を提供しました。 ゴールドマンサックス日本の純収益は年間届出によると、14年ぶりに最高の392億円(2億4,400万ドル)に増加しました。

READ  イーロン・マスク氏が脳インタフェースNeuralink技術をライブ披露脳モニタリング装置を移植した豚を使用して| TechCrunch Japan
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours