技術

サイバーパンク2077はGeForce RTX 3060 Ti十分遊べる? FRONTIERのゲーム用PCでテスト – AKIBA PC Hotline!

2020年末までの大作ゲーム「サイバーパンク2077」

サイバーパンク2077

CD Projekt REDの「サイバーパンク2077」は、未来都市「ナイトシティ」が舞台のオープンワールドRPG。

ビッグタイトルが相次いで登場したこの冬も最大の注目を集めたゲームで、ゲームのパフォーマンスに優れたPCを所有していれば、高度なグラフィックスで描かナイトシティの独特の景観を楽しむことができる。

グラフィックは非常に美しく、特に光線追跡の反射表現を使用したときの画質は一見の価値があるだろう。 PC版で遊ぶなら、なるべく光線追跡の反射処理を有効にして楽しみたい。

GeForce RTX 3060 Tiが、実際にはかなりよく遊ぶことができる「サイバーパンク2077」

今回FRGXB460 / WS36は、フルHD解像度(1920×1080)でグラフィックプリセットを「超」、「光線追跡:中 “、”光線追跡:ウルトラ “に設定したときのフレームレートをそれぞれ測定した。 結果は以下の通りである。

また、テクスチャの品質は、すべてのプリセットで「高」に設定します。 「ウルトラ」は、レイトレーシング解除時の最高の画質設定でそれをベースに反射表現以外の光線追跡オプションを中間品質で活性化したのが「レイトレーシング:中 “すべての光線追跡オプションを有効にして、最高品質なのが「レイトレーシング:超」である。また、レイ・トレーシングを有効にした場合にのみ、NVIDIA DLSSが「自動」の設定で有効になっている。

レイ中のCPU / GPUの負荷。 8コアのCPU使用率が60〜70%に達するほどCPU負荷は高いが、90%以上のGPUの使用率でGPU性能を十分に引き出すことができるかが分かる。 Core i7-10700とGeForce RTX 3060 Tiはバランスの取れた組み合わせとすることができる。

測定された平均フレームレートは、「ウルトラ」が69.0fps、「レイトレーシング:中間」は69.2fps、「レイトレーシング:ウルトラ」は56.8fpsだった。

60fps程度出ている、快適に楽しむことができるゲーム性のために適切に遊ぶ性能は持っていると言えるだろう。 サイバーパンク2077を遊ぶときのコストを最小限に抑えながら、快適な作業ラインをクリアすればCore i7-10700FとGeForce RTX 3060 Tiの組み合わせが有力な選択肢となる。

READ  保守的な検閲がTwitterやFacebookを強打することにより、技術が最高記録で、株価下落をリードしています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close