スポーツ

サイ・ヤング賞最ユリョクヌンダルビッシュ/担当記者予想 – MLB:日刊スポーツ

ホワイトソックス対カブス力投するダルビッシュ(AP)

<화이트 삭스 0-10 컵스> ◇25日(韓国時間26日)◇ギャランティードのレートフィールド

カブスのダルビッシュ有投手(34)が25日(韓国時間26日)、今季公式戦最後の登板となる少なくホワイトソックス戦に先発。 7回3安打無失点で好投、マハーラートップになる8勝目(3敗)を挙げた。 日本人投手初の最多勝をほぼ確実にしただけでなく、投手の主要部門で上位にランク。 大混戦と思われるナショナルリーグのサイ・ヤング賞を受賞競争で再び最有力候補に浮上した。 本紙のMLB担当記者が口論の像の戦いを予想した。

◇◇◇

<4人のキッチンガード>

◎ダルビッシュ

○バウアー

▲とメット

まだ大混戦である一方、この日ダルビッシュの好投で、実質的にはバウと一騎打ちの様相を呈してきた。 アメリカ野球記者協会(BBWAA)所属の各リーグ30人の記者による延命投票で選出されるが、鍵を握っているが、1位票(7点)と2位票(4点)の得票数。 今季は特に激戦であり、デクロ無(メッツ)バーンズ(ブルワーズ)とメット(サンディエゴ)に投票を左右するとみられているが、現在は1,2位票はダルビッシュとバウに集中する見方が強い。 3上表(3点)4位表(2点)5位表(1点)で細かく点数を取って、最終的には、親表のポイントが大きな比重を占めるため、印象も強いダルビッシュとバウアーがガラス。 ちなみに、今季の2人の接し対決は1勝1敗。 互いに甲乙付け難く記者泣かせ投票になりそうだ。

<사이토 庸裕>

◎ダルビッシュ

○バウアー

▲フリード

カブスのダルビッシュが本名。 最多勝ヒュー貯金を5稼ぎチームの首位に大きく貢献した。 競争はレッズバウアー。 防御率1点台で安定感があり二度完封を記録している。 奪三振もリーグトップだが、勝敗(5勝4敗)が欠けている。 ブレーブスの左腕フリードは7勝0敗がシーズン最後の登板で1イニングを3安打2本塁打で2失点。 投球回数も56回以下。

<水次 사치코>

◎ダルビッシュ

○デクロ無

ダルビッシュとバウ対抗(拮抗)して、どちらが服用してもおかしくないだろうか。 ただにグロー無最後の登板になる26日(韓国時間27日)のナショナル戦で7回無失点、奪三振7以上であれば防御率1点台です奪三振は位に浮上する大逆転の可能性も残される。 今季は、地域での戦闘に限定していたため、所属地区が投票に影響を与えることができる。

◆サイ・ヤング賞、米国プロ野球歴代1位の通算511勝を挙げた間の映像の功績をたたえ創設。 記者投票で救いを含む今年の投手を選出する。 第1回は1956年に最初の1人だったが、67年以降はああ、私両リーグで1人ずつ選ばれている。 ヤンキースなどで活躍したクレメンスが最多で7回受賞した。 2013年の投票で、当時レンジャーズのダルビッシュが2位、シアトルの岩隈(現巨人)が3位だった。

READ  吉田輝星6回途中鋼板/楽天全ライブ速報中 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close