スポーツ

サウジアラビア、日本、韓国、「地上最大のショー」に感動

アルゼンチンは前半にサウジアラビアを相手になんと4回もゴールを決めて(合法的には一度だけだが)、リオネル・メッシの部下たちが説得力のある勝利を収めて逃げそうだった。 しかし、Green Falconsには別の考えがありました。

休む時間にサウジのヘルベ・レナール監督は前半戦はただ「親善戦」に過ぎないという情熱的な演説をした。 まあ、レナードは正しかった。 サウジアラビア(48位)が3位のアルゼンチンを相手に逆転勝ちを収めた。

確かにそれはFIFAワールドカップの歴史の中で最も驚くべき結果の一つであり、データ会社Nielsen Gracenoteは統計的に最大のワールドカップショッカーであると提案しました。 Renardの少年たちの勝利は、「アジアサッカーの第2夜明け」の始まりをよく知ることができる今回のワールドカップでアジアチームが見せた数少ない華麗な試合の中で初めてでした。

アジア6チームがワールドカップに参加するのは今回が初めてだ(オーストラリアはAFC加盟国である)。 イラン、韓国、サウジアラビア、日本はAFCワールドカップ予選を通じてワールドカップ本選に進出し、オーストラリアは大陸間プレイオフを通じて本選に進出した。

カタールは開催国の資格を得ているが、現在アジアカップ選手であり、CONCACAFゴールドカップ準決勝進出者である。 カタールは今回の大会開幕戦で最高の姿を見せることはできなかったが、次の試合で緊張が解けてさらに良くなると期待される。

アジア諸国がワールドカップを開催するのは、2002年の韓日共同開催以来初めてだ。

今回の大会は、世界中のサッカーファンに目を見せる大会でした。 アジアチームは考えにくい勢力とみなされたが、その大会で期待を超えた。

韓国はワールドカップの様々な段階でポルトガル、イタリア、スペインなどを倒して準決勝に進出した後、準決勝でドイツにギリギリに敗れた。

一方、日本はロシア、チュニジア、ベルギーを含む組で優勝したが、準決勝に進出したトルコに敗れた。

日本の話が出てきたのですが、彼らは4回チャンピオンのドイツを2-1で破ってもう一つの驚くべき結果を作り出しました。 アルゼンチン – サウジアラビアの試合のカーボンコピーでした。 ドイツは先に進んだが、リツ・ドーンとタクマ・アサノの韓国ブンデスリーがデュオは、ドイツのマスターを追い越すためにネットの後ろを見つけた。 日本は前回も16強に進出してプレイスタイルに深い印象を受けた。

アルゼンチンに対するサウジアラビアのすばらしい勝利は、日本が同様のことをするようにインスピレーションを与えましたが、ドイツに対する彼らの勝利はアラブ諸国のようにより裕福な規模から外れていませんでしたが、確かにそうではありませんでした。

だが韓国(28位)はウルグアイ(14位)を相手にワールドカップ本選進出に失敗したが無得点引き分けは悪くない。

アジアチームの突然の怪我はトーナメントの二日間カードに現れなかった。 開催国のカタールはエクアドルに敗れ、イングランドはFIFAランキングアジア最強チームのイランを完破した。 しかし、次の3日間の公演は素晴らしく、時にはとんでもなかった。

2002年ワールドカップは世界がアジアサッカーの存在を認めさせ、日本、サウジアラビア、韓国などの国家が上位圏を倒している中で現在進行中のカタールワールドカップはアジアサッカーにもっと大きくて良いことができる兆しになることができるあります。 来る。

READ  「ゲームは遊び、スケート呼吸 "発信力を加えた宇野昌磨スイス - フィギュアスケート - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close