サウジ原油、5月の日本原油需要の3分の1供給

Estimated read time 1 min read

TOKYO:ロイターによると、景気後退の需要に対する相変わらず恐れが心理を押し下げ、ベンチマークが3週間連続で損失を記録し、金曜日の原油価格が下落した。

ブレント油の贈り物は0428 GMTまでバレル当たり108.83ドルで20セント(0.2%)下落し、以前に1ドル以上上昇したことを放棄しました。

8月のインド分のWTI原油先物は、バレル当たり37セント(0.4%)下落した105.39ドルを記録し、初期にもほぼ1ドルに近い上昇を締め切りました。

どちらの契約も木曜日に約3%下落しました。

NLIリサーチ・インスティテュートの上野剛志首席エコノミストは「OPEC+が8月に計画された原油生産量の引き上げに固執すると発表し、市場は木曜日の売り上げで息を止めた」と話した。

彼は「しかし、9月以降、OPEC+政策に対する不確実性と連邦の積極的な金利引き上げが米国の景気低迷につながり、燃料需要を阻害する恐れが心理を弱めた」と話した。

木曜日、ロシアを含むOPEC +産油国は、2日間の会議の終わりに産流量戦略に固執することに合意しました。 しかしプロデューサークラブは9月から政策議論を避けた。

これに先立ちOPEC+は7月と8月に月432,000bpdを増産する計画で月648,000バレルずつ増産することに決めた。

ジョー・バイデン米大統領は7月中旬サウジアラビアを含め、中東を3回順番する予定だ。

バイデン元副大統領は今月、サウジ国王と皇太子に会うと、原油の生産量を増やすために原油の高騰を抑えるためにサウジに直接圧力をかけないと述べた。

NLIの上野は「サウジアラビアや他の中東産油国が米国の要請に応じて生産量を増やすかどうかに関心が集中している」と話した。

他の場所では、EquinorのGudrun、Oseberg South、およびOseberg Eastプラットフォームの74人のノルウェーの沿岸石油労働者が7月5日からストライキに入るとLederne労働組合は木曜日に語った。

ロイター世論調査によると、ヨーロッパと他の地域がロシアの供給を中断するために苦労しながら、今年の原油価格はバレル当たり100ドル以上を維持すると予想されるが、経済的リスクが上昇を遅らせることができるとロイターが木曜日明らかにした。 (Stephanie KellyとYuka Obayashiの報告、Richard PullinとKim Coghillの編集)

READ  日経が世界最高の成果を出す主な指数になり、誰が勝つのでしょうか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours