スポーツ

サムスン、日本のNTTドコモから5G機器契約

STOCKHOLM(Reuters) – サムスン電子が日本のキャリアNTT Docomo Incと5Gネットワ​​ーク機器の供給契約を締結したと発表した。 韓国の会社が通信機器事業の候補として位置づけすることにより。

この装置は、また、通信ネットワークのすべての部分を相互運用可能に作られたサプライヤーへの依存度を減らすことを目的とするオープン・インタフェース(Open RAN)のサポートが含まれています。

サムスンは、中国のHuawei社、スウェーデンのエリクソン、フィンランドのノキアが支配する5Gモバイルネットワーク機器業界のヒョンジクジャに挑戦している。

地政学的圧力が中国以外の地域でHuawei社の成長を妨げながら、欧州企業は市場シェアを確保することができました。

しかし、サムスンは、Nokiaの代わりに、米国のVerizonから66億ドルの5G契約を獲得し、頭角を現した。

今月初め、カナダSaskTelと契約を締結しており、欧州の通信事業者とも協議して大陸に足場を設けています。

ノキアはまた、NECとサムスンが開発した中古機器を使用していたNTTの5G機器サプライヤーでもある。

「今回の発表は、主要5G RANサプライヤーとして、サムスンの地位を確固たるものにします。」と調査会社Dell’Oroの副社長であるStefan Pongratzが言いました。

(ストックホルム、ソウルのJoyce Leeをベースにしたヨーロッパの技術通信特派員Supantha Mukherjeeジャーナリスト、Emelia Sithole-Matarise編集)

READ  全豪オープンはCOVID-19絶縁にもかかわらず、遅延はありません

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close