技術

サムスン、KDDIの5Gネットワ​​ークにクラウドネイティブvRANソリューションの展開

サムスンはKDDIとの提携を拡大し、キャリアの5Gネットワ​​ークにクラウドネイティブ完全仮想化無線アクセスネットワーク(vRAN)ソリューションを展開しました。

サムスンのvRANはKDDIユーザーが5Gのすべての可能性を体験できるようにするとともに、オペレータの新しい5G使用事例と次世代機能追求をサポートします。

サムスン電子は、木曜日、報道資料を通じて両社は、2022年第1四半期に試験を開始し、2022年の後半に商用化を開始すると発表した。

vRAN技術は、専用のベースバンドハードウェアをソフトウェア要素に置き換えて、ネットワーク運用の展開の柔軟性、スケーラビリティ、およびリソース効率の改善を提供しています。 コンテナベースのアーキテクチャを活用するサムスンのvRANは、ネットワーク管理のより柔軟な配置と効率を可能にします。

また、サムスンのvRANは自動化によりエンドツーエンドのネットワーク管理を簡素化して、日本の事業者が配布に与える影響を最小限に抑えながら、新規および既存のサービスの進化するニーズを迅速に満たすことができるようにします。

最近KDDIとサムスンは、後者のvRANと他のベンダーの5G Massive MIMO無線を使用して、最初の5G SA(Standalone)コールを完了しました。

「私たちは、サムスンとの協力を拡大し、現在の商用ネットワークで優れた性能を提供している5G vRANソリューションを使用する日本初の事業者がされたことを嬉しく思います。私たちは、仮想化の力を信じて、この協力が意味のある役割をします。KDDIの最高技術責任者であるKazuyuki Yoshimuraは「5G革新の次のステップを主導してクラス最高の5Gのサービスを提供するために、ネットワークを発展させる触媒」と言いました。

今年の初めVodafone UKは、仮想化された無線アクセスネットワークを英国に提供するために、サムスンの主要なオープンRANサプライヤーとして選択しました。

READ  Google Workspace紹介| Google Cloud Blog

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close