技術

サムスン110インチのマイクロLED TVを21年に海外発売。 1億7,000万ウォン – AV Watch

韓国のサムスン電子は10日(現地時間)、超小型LED素子を採用した110インチのディスプレイ “MicroLED TV」を発表した。韓国で12月中に予約販売を実施、2021年第1四半期から本格的に発売。価格は1億7,000万ウォン(約1600万円)、韓国に次いで世界での展開も予定している。

この会社は2018年にマイクロLEDを採用した業務用ディスプレイ「The Wall」を発売。 グローバルB2B市場で高い評価を受けており、今回の新製品の発売と一緒にマイクロLED市場を本格的にする計画だ。

次世代ディスプレイとして挙げられるマイクロLEDは、マイクロメートル(μm)単位の超小型LEDを利用したもので、バックライトとカラーフィルターなどの構造をなくし、LED自体が自ら光と色を出す自己発光ディスプレイ。

マイクロLEDのRGB素子は、従来のディスプレイとは異なり、各素子が光と色の両方を自分で出すことで、実際のものを目で見たような、自然のままの色表示性能を特徴とする。 また、800万人以上の各RGB素子を個別に制御して、画面の明るさや色の微細な変化を表現することができるとする。

無機材料であるため、有機材料とは異なり、寿命が10万時間と長いのも特徴。 画質劣化や過熱などを気にせず、長く使えるとしている。

今回発売するMicroLED TVは、サムスンの半導体事業で蓄積された高度な実装技術も採用。 TVに最適化するために、既存の製品に比べて、より微細で正確な素子の配列を使用して、110インチの商用化に成功したとする。 また、110インチよりも小さいサイズの製品を作ることができる技術も既に獲得したことが分かった。

110型MicroLED TVは約3.3平方メートルほどの画面サイズにマイクロLED素子を800万個以上実装して4K解像度を実現している。

処理エンジンに「マイクロAIプロセッサ」を搭載。QLED 8Kに採用した、量子プロセッサ(Quantum Processor)技術をベースに、独自の発光特性と独自の人工知能アルゴリズムを組み合わせて開発した専用のプロセッサがあり、それぞれのシーンに最適化された映像のディテールと明るさを適用して躍動感と立体感と、最適化されたHDR記述を再現。

MicroLED TVで高輝度性能と光の3原色を自ら作り出すRGB素子を利用して、実物に近い正確な色再現性を提供しています。 従来のディスプレイとは異なるコントラスト制御技術性能比を高め、映像のディテールを大幅に向上させたという。

表示されるコンテンツと表示され、ディスプレイとベゼルの境界を極限まで抑えた「モノリスデザイン」を採用。ロゴも横に配置して、マイクロLEDのアイデンティティを生かすことができる製品の設計を目指す。

サウンドは5.1チャンネルサウンドを体感することができる「Majestic Sound System」を採用。映像の中の物体の動きに応じて音が動く自分のサウンド技術「OTS Pro(Object Tracking Sound Pro)」も搭載する。

110インチのディスプレイに55インチの画面を4分割して表示する「クワッドビュー」機能を搭載。 クワッドビュー機能を使用する場合はHDMI入力を個別に設定することができ、ニュースやスポーツ、インターネット、などを見ながら、同時にゲーム機を接続して1つの画面で楽しむことができるとする。

READ  AdobeのFlash Playerの最後のアップデートを行うキルスイッチ発動して、20年の歴史にマクウルガ下さ - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close