サムライジャパンのイバタ広和監督、グローバル野球大会準備 – 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)

Estimated read time 1 min read

世界ランキング1位日本監督 イバタヒロカズ Samurai Japan YouTubeチャンネルとのインタビューで、今後のシーズンについて話しました。

元日本プロ野球(NPB)オールスターであり、ゴールドグローブ2塁手だった彼がサムライジャパン監督としてデビューした。 アジアプロ野球選手権大会

彼は日本を率いる。 グローバル野球ゲーム 欧州チームとの試合は3月6日と7日大阪で予定されています。 以前は稲葉あつのりの社員として働いていました。 2019 WBSCプレミア12 そして 2020東京オリンピック。 彼は2022年と2023年にU-12国家代表チームを監督しました。 WBSC U-12野球ワールドカップ

「3年ほど青少年部で働きました。人は全く違って、正しく接近しなければなりません。子どもたちは原則通りにやっています。たくさん学び、適用できるものがあります。大人の国家代表選手のためのものです」

茨田は「才能ある選手が多いようだ。未来のプロ選手として可能性を多く見せてくれた子どもたちを多く見た。野球人口は減っているがレベルは確かに上がっている。侍ジャパンが目標になりそうだ」と付け加えた。 子供たちと野球選手のためだ。 国家代表は良い成績を残さなければならない」と話した。

2024年にもイバタが日本を率いる予定だ。 VI WBSC U-15野球ワールドカップ

「初めてU-12代表チームに選抜した選手たちが2024年なら15歳になるので一緒にU-15代表チームに移籍できればいいと思います。一緒に、私はサムライジャパンをU-12年齢から大人の選手まで1つのチームとして見ています。

READ  世界野球ソフトボール連盟
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours