スポーツ

サムライブルー、ワールドカップの前に6月のブラジルとの親善試合

日本サッカー協会は水曜日、日本サッカー協会が今年カタールワールドカップを準備するために6月6日、東京国立競技場でブラジルと競技をすると明らかにした。

現在世界1位のワールドカップ5回優勝チームとの親善は6月2日、札幌パラグアイと2次戦を含め、サムライブルーが迫る国際競技期間中4試合の一つとなる。 6月10日(神戸)、14日(大阪)キリンカップトーナメント。

23位の日本はブラジルを破ったことがなく、以前の試合で10敗2武を記録した。 両側は最近の2017年11月の親善試合で会いました。 日本はブラジルとの11年のゴール干ばつを破り、結局3-1で敗れました。

森康ハジメ日本監督は声明を通じて「ワールドカップを準備しているこの時期にブラジル1位チームと遊ぶことができてとても嬉しい」と話した。

「最高の相手を尊重しながら、私たちのチームが自分自身をあまり考えずに彼らのレベルでプレーすることを願っています。 チームが勝利する姿勢を持ってほしい」と話した。

フォワードNeymarが率いるブラジルは現在、2022年のワールドカップで魔権業者が最も好む国です。 11月21日から12月18日までカタールで行われるワールドカップには計32チームが参加する。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  星条旗 - DODEA-Japan学校に戻ってサッカーの時間です。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close