トップニュース

サンフランシスコの日本の芸術家、反アジア憎悪と戦うために、紙の強さを示しています

最近の全国的な反アジア的憎悪と攻撃に直面したサンフランシスコの芸術家であり、ビジネスの所有者は、日本の伝統と折り紙アートからインスピレーションを受けた運動を開始することを決定しました。

日本では、折り鶴を折る願いを借りる伝統がありますが、この作家は、紙の強さを示して、新しい方法を発見しました。

折り紙折り紙は変形に関するものです。 平らな面を超えての見徐々に3次元的に生きてます。

その魔法はリンダ三原が折り紙芸術家であり、サンフランシスコにあるThe Paper Tree店のオーナーとしての使命です。

最近半アジア的憎悪の事件により、彼女は傷を変えたいと思っています。

「私は人々が愛について考えを本当に望んでいた。愛は憎しみに勝つからです。」とMiharaは言いました。

だから彼女は、自分のソーシャルメディアサイトに人々が折り紙ハートを作るように要求しました。

三原氏は「伝統は叶えたい願いがあれば学1,000個を折り返す。私は言ったハート1,000個を折っ新しいものを作ろう」と述べた。

次に起こったことは、魔術的でした。

バッグ、束、ハートボックスが全国でジャパンタウンのペーパーツリー店に到着し始めました。

「これはサクラメントからきたものです。以前にニューヨークで見た」三原は、現在の店舗の後ろに積まれているボックスを外していると言いました。

サンディエゴ、メリーランド州、イリノイ州、さらには日本から来た人たちが、彼女の携帯電話に応答しました。

三原氏は「驚くべきものだった…本当に素晴らしいです。あなたが知っている愛のバケツを得ると思います。愛の袋。本当に素晴らしいです。 “

最初の週に1,000個以上のハートが届きました。 多くの人がauのを問わず、手で書いて、心からの人々のメッセージをいただきました。

三原氏は「あなたが本当に誰であるかを愛しなさい」というメッセージを読み、「高さに立って強く求めなさい愛、愛、愛」と言いました。

若い学生は言った。 「あなたがそのようなことを経験しているということがとても残念だが、私たちが一緒に直面しているということを覚えなさい。」

各作品は、店の窓から家を探しています。 彼らは今後桜祭りと、5月のAAPI文化遺産の月の間に、地域社会が反アジア的憎悪と苦難により困難を経験したジャパンタウンの中心部から全体のコミュニティのために展示されています。

三原氏は「父、叔父、祖父母、曾祖父母、すべてワイオミング州ハートマウンテンでインターンをしました。一世代しか残った。本当に残念それから学ぶことができると思います。お互いを愛して大するために。」

愛が続います。 三原氏は現在、3,207個のハートを受けています。 彼女は#StopAAPI憎悪運動に報告された各クラスのアジア事件について一つずつほぼ4,000個を収集することを希望します。

三原に心は思いやりに一つになった人々の世界を象徴します。

三原氏は「ただの希望を与え、活力を取り戻したようだ」とし「今、人類の信仰を持っている」と述べた。

折り紙ハートボックスを見ると、証拠が紙にあると言うことができます。

プロジェクトに関する情報は、 こちらをクリックしてください

Jana KatsuyamaはKTVUの記者です。 [email protected]にJanaにメールを送ってTwitter @JanaKTVUまたはFacebook @NewsJanaまたはktvu.comでフォローしてください。

READ  日本、最初のワクチン正式な承認| キャンベラタイムズ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close