シカリベツ湖コタン:毎年冬に再び現れる日本の氷村

Estimated read time 1 min read

凍った淡水湖と雪の上に毎年冬に再び現れる日本の氷村。 に位置 北海道中央山、この人工村は大きな氷とドームで建てられ、美しく彫刻された家具と氷の装飾が施されたアイスバー、アイスチャペル、アイスホテルを形成しています。 1980年以来、シカリベツ湖コタンの氷の村は、地元の人や訪問者が体験できる居心地の良いリゾート地となりました。 北海道の美しさ

シカリベツコタンとは?

ご近所へようこそ 写真:Pinterest/YOKO

1980年、北海道大雪山のシカリベツ湖の近くに住んでいた地域住民が湖を作ることにしました。 コタン、北海道先住民族の言語であるアイヌ語で「村」に翻訳されました。 温度が-30℃に達すると、コタンはシカリベツ湖に建設され、氷の構造が湖に溶け始める3月上旬まで堅固に保たれます。 毎年40人以上のボランティアが村の設計と建設を助け、ユニークな冬のワンダーランドを作ります。

アイスステイ&スポット

カチッという音 ここ もっと読んでください。

©ガイジンポット

READ  バスや電車? 世界初の「デュアルモード車両」日本本格稼働
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours