技術

シグマ山木社長、ミラーレス用レンズに新たに誕生した「Iシリーズ」について説明 – デジタルカメラWatch

新製品を紹介したシグマ社長山木和人氏(配信画面より。以下同じ)

シグマは12月1日、フルサイズミラーレスカメラ用交換レンズ「24mm F3.5 DG DN | Contemporary」、「35mm F2 DG DN | Contemporary」、「65mm F2 DG DN | Contemporary」を発表した。オンライン広告サーバーを利用した新製品発表会」SIGMA STAGE Online」で会社の代表取締役社長山口キー和人氏が製品の説明をした。

すべて、山木さんは、ミラーレスカメラ用交換レンズの会社の計画を説明します。 それは会社がこれまでに開発してきた一眼レフ用交換レンズのラインアップと同様に拡充を目指していくものとした。

「Art」ラインではF1.2とF1.4の単焦点レンズ、F2.8ズームレンズとマクロ魚眼レンズなどの特殊レンズの開発。 「Contemporary」ラインは、コンパクトながら高性能な製品を「Sports」ラインは、様々な超望遠レンズの開発を実施すると説明した。

このような努力の山木氏は一眼レフ用交換レンズと同種のレンズを開発するのではなく、あくまでもミラーレスカメラに特化した性能を持つ製品の開発と強調した。 同社は、新しいミラーレスカメラ用レンズに必要なことは何なのかを徹底的に分析した結果、「コンパクト」であり、「優れた光学性能」を備えた「優れたビルドクオリティ」ということが要求されるものと結論付けたする。

上の3つの要素を出発点として開発されたが前述の交換レンズ3本。 この他にも、すでに発売された「45mm F2.8 DG DN | Contemporary “4本が会社が新たに「Iシリーズ」と呼ぶレンズラインナップの中で、最初のとなった。

「Iシリーズ」が掲げ3つのキーワード

山木氏は、Iシリーズの会社、製品交換レンズで展開している「Art」「Contemporary」「Sports」ラインと同列に新たに加わるのではなく、ミラーレスカメラ専用設計の新しいコンセプトを持ったレンズ付与された特別な名前であると説明した。

また、Iシリーズが持つ概念については、「驚異的な光学性能」「感動的なビルドクオリティ」「新しいユーザー体験」という3つのキーワードを掲げた。

「驚異的な光学性能 “

新しい3つのレンズ、コンパクトなサイズを実現しながら、画質を最大限にデザインを備えていると説明した。 光学性能の高さのMTF曲線を利用した説明では、新しいIシリーズは、「Art」ラインに匹敵する光学性能を提供していると説明した。

「感動的なビルドクオリティ “

山木氏はスライド資料でレンズの塗装前の写真を紹介します。 レンズフードを含む鏡筒全体が金属でできている様子が示された。 金属部品を多く使用することで、コンパクトなサイズながら、軽く、わずかな重量感と所有感が得られる質感にしているという。

詳細コーダも解説。 レンズフードは、表面に指すべりを配慮したローレット加工を施しており、ライフルは、快適な感触を得ることができる特殊な構造を備えたた。

フォーカスリングと絞りリングの車のための洗練された機械設計、精密部品加工によりスムーズで正確な操作を実現したという。 また、品位の高さを示す一例で絞りリングをクローズアップして記録された指標に絞り目盛りが正確に一致するようになっていると説明した。

「新しいユーザー体験 “

Iシリーズの新しいユーザーインターフェイスの提案で、まず、フォーカスモード切替スイッチの新しい構造を導入した。 今までの会社の製品は、レンズ鏡筒に前後に動かして切り替えをしていたが、「35mm F2」「65mm F2」の2つには号に移動する機構とした。 その後、スイッチの移動幅が大きくなり、より快適に操作することができ、ファインダーを覗いたままの操作にも対応しやすくなるという。

第二の特徴は、新たに開発した磁気メタルキャップを紹介した。 レンズ本体が金属であることを利用して、磁性を帯びたレンズキャップすることにより、使いやすさとデザインの新しいIシリーズのコンセプトに合致したと説明した。 また、オプションのカラビナレンズキャップホルダーも一緒に紹介しています。

磁気レンズキャップの信頼性は、会社の会津工場で実施した試験の様子を紹介。 ベテランスタッフが散歩やジャンプを繰り返しながらレンズキャップの耐久性についてひたすら試験を重ねたという。

磁気金属キャップとレンズキャップホルダーが付いている山木氏。

アイズ工場の従業員が繰り返さ耐久試験を実施する様子を紹介。

READ  Oculus Quest 2レビュー:初めてVRに最高。 Q1の交換は...まだ待つ| ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close