エンターテインメント

シム・ウンギョン意志の力で夢をかなえていく – 日曜日のヒーロー&ヒロイン – 芸能コラム:日刊スポーツ

韓国の実力派女優が日本の連続ドラマに初挑戦している。 シム・ウンギョン(26)。 10日最終回を迎えテレビ朝日系ドラマ「七秘書」(木曜午後9時)からの愛の文字の知性派ビソウル好演している。17年から日本でも活動。柔らかい言い方、穏やかな笑顔が印象的な芯の話を聞いた。

★現場で生まれた楽しい

本格的に日本語を学び始め、4年目。 日常会話は問題なく丁寧な言葉遣いは聞いてしまうほどだ。

「恥ずかしいが、実際に学校で勉強した時間は、6ヶ月しかありません。最初は学校に行って先生に学んだいましたが、その日に通うことが難しくジョソイ作品に入る前に、リモートで先生と勉強していました。 “

ドラマは韓国人の母、日本人の父を持つ大学病院秘書、パク・愛を演じる。 秘書だけ敬語のセリフも多く、今回の作品で初めて学んだフレーズは、「そうですかか」だった。

「今までの日常に使ったことがないと言うそれでも一度だけデパートに買い物に行った時、店員に「そうですかですか」と声をああ、こんな感じだね、今はオフィスの方に冗談で「そうですかですか」と言ってみたり(笑)。お馴染みのた “

今年3月に映画「新聞記者」で韓国人初の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞し認知度を高めた。 日本映画出演は重ねているが、連続ドラマは今回の作品が初めてだ。 出演は「心配していない」と述べた。

「真剣なキャラクターが多かったので、ずいぶん前からポップな感じの役をしたいと思ってたんです。ちょうどその時に言葉を受けて、日本で初めての連続ドラマで自分の圧力がかからず、あなたと楽しく過ごすことができる作品だと思いました”

父(リリー・フランキー)と感動の再会を演じた第6話で一転、第7回では、仲間を裏切る展開。 さまざまな顔を見せて終盤で存在感を発揮している。

「複雑な感情が豊かので演技的にも考えて悩んで撮りました。自分がどのように演技すればいいのか頭が痛いほど考えましたが、現場に入るとなぜか自然に感情が溢れてくるのです。この現場は、特にそうです」

公演の木村文乃広瀬アリスは、ナナ、大島優子とは世代も近く、「本当に仲良くすることができれば、自分では思っています」と照れ笑い言う。

「アドリブをみて、現場でこのようなことは、いかがですか?と提案してみたり。そこで生まれた楽しみが新鮮で、それは「七秘書」の魅力だと思います」

★答えはスルギ

勧善懲悪のストーリーが人気で、第5話で最高視聴率15.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。 医師の使い込みを暴露 “これは経費で落ちません!」と領収書の束を投げるシーンでは、「清浄にする気持ちになりました」と笑顔。一方、本人の答えは、知恵がうかがえる。

「私も正義感の強い人になりたいと思ってはいます。これはちょっと…と思ったら言ってね。でも、その前にいろいろ考えて姿を見ることができ多いかと思います。自分が間違って判断するかもしれないから、ちゃんと考えて言うタイプです」

9歳の子役デビューし、演技力は折り紙付き。 主演映画「怪しい彼女」は、20歳若く青春を満喫するおばあちゃんを生き生きと演じた。 実力派で韓国地盤を構築していたが、17年日本芸能事務所と契約新天地に臨んだ。

「日本文化が好きで、特に日本映画に影響を受けたことがありました。是枝裕和さんの映画と岩井俊二監督中島哲也氏の映画を見て、いつか私も日本の作品に出たいと思った。松たか子さんの(映画)「告白」愛でした。日本の作品には、「色」がちゃんとと思って、その中で自分が演じたらどうなるかという韓国に限らず幅広く活動して、いくつかの作品で学びたいことも確かでした。いつかいきたいずっと夢を持っていました」

両国を行き来しながら活動している新型コロナの影響で、日本滞在が長くなっている。 寂しいすることはないだろうか。

「もちろん、家族に会いに行くことができたらいいなと思っている時もありますが…今は、私たち形つすごく可愛く兄がニューヨークにいるので、犬に会いにニューヨークに行きたい事実(笑)。その犬は本当に可愛くて “

流出笑顔に相応愛らしさを垣間見ることができる。

★トン上がるホビーの話

ドラマの会見では、共演者との相互作用で芯アイドル好きな人が明らかになった。 前AKB48大島との初共演を喜んで言う。

「AKBは本当に有名だった! 大島氏の存在は、私も知っていたので、今回の公演と聞いて、え〜!?と(笑)。 会うことができますか?という不思議な気持ちでした。 “

音楽通K-POPもJ-POPも好きですが、特に日本では70、80年代に流行した「シティポップ」というジャンルが好きだ。 趣味の話は声のトーンがアップする。

「坂本龍一さん、大貫妙子さん、大好きです。アルバムも持っています。私はクラシックも好きで、渋谷の後ろにある(名曲喫茶) “ライオン”に行った。コロナになる前に、個人的によく行って、お茶をしながら音楽を聴いていました。1人で行ったり、学校が終わってから行ったりしました」

今後も両国で活動を続けて計画である。 キャリアは長いが、「自分はまだ」とうぬぼれている。

「今ぞ作品これからやる作品にしっかりと向き合って。真面目に、煙のための彼の誠意と信念を忘れずにしていきたいと思っています」

高校時代をアメリカで過ごし、英語も堪能。 ハリウッド進出はどうだろうか。

「遠い国の話も感じていた。でも、いつかイ・ビョンホンさんのようにハリウッドでも、もし機会があればぜひしたいと思います。いつも「こんな作品をしたいと思います」「こんな役がしたいと思います」ㅅて言えば、それは少しずつ広がっていくでしょう。合わせたらいいと思います」

謙虚で、意志は強い。 言動で夢をかなえていく様子が見られる。

▼「七秘書」主演木村文乃

お互いアイドルが好きなこともあって、韓国と日本のアイドルの話を交わして見て、韓国の食べ物や美容について大島優子さんやナナさんと雰囲気たり室井滋さんの愛であったりとシム氏は、少年のようなマツッコミと好奇心と弾む心に常にすべてを楽しませています。 しゃぶしゃぶやカニ好きと食性に共通点があったので、ドラマが終わって安定したら一緒にご飯に行くことを楽しみにしています!

◆シム・ウンギョン

1994年5月31韓国生まれ。 2003年子役としてデビュー。 2006年のドラマ「黄真伊」で主人公の子供時代を演じ名前を知られている。 17年から日本での活動を開始した。 韓国映画「怪しい彼女」、「サニー永遠の仲間たち」など、日本映画は「ブルーアワーにふける」に出演。 来年4月にフジ順子とダブル主演映画「椿庭園」が公開予定である。 160センチ、血液型B.

◆「七秘書 “

組織の上部に仕える女秘書軍団が陰で挨拶を操縦している人を助ける奮闘する痛快ストーリー。 主演は木村文乃、公演広瀬アリスは、ナナ、大島優子、室井滋、江口洋介など 「ドクターX〜外科医・大門美智子」シリーズのナカゾノミホ脚本。

(2020年12月6和紙掲載)

READ  東京2020オリンピックがまだわからない理由

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close