Tech

シャオ米の「Miスマートバンド5」は、機能、装着性駆動時間が絶妙な注目ウェアラブル端末| TechCrunch Japan

Xiaomi(シャオ米)は、8月31日、Android端末、iPhoneと一緒に最新のスマートバンド「Miスマートバンド5」の日本発売を発表した。 発売日は、すぐに予定で価格は4490円。 前モデル「Miスマートバンド4」は、同社が2019年末に日本市場に進出したときの販売を開始しており、アマゾンでベストセラーを記録するなど好調だ。記事執筆時点の日本のMiスマートバンド5の発売日は発表されていないが、個人的に購入した、グローバル版のレビューを提供していましょう。

Miスマートバンド5の価格は4490円

グローバルバージョンは、メニューが日本語になっていますが、日本語を表示すること自体は可能である。 また、技適マークも

小型軽量ボディを継承しながら、ディスプレイを大型化

Miスマートバンド5は、小型軽量ボディ、長いバッテリ寿命を継承しつつ、画面を大型化して充電を簡単にしたニューモデル。 本体サイズは、幅18.15×高さ46.95×厚さ12.45mm、重さは11.9g(バンドを除く)。 リストバンドを含めても実測23.2gという軽量ボディを実現している。

バンドの厚さは、重なる部分も実測5.9mm前後。 キーボードでタイピングしても厚さはほとんど気にならない

Miスマートバンド4実測重量は21.9g、Miスマートバンド5の実測重量は23.2g。 重量増加はわずか1.3gで維持されている

Miスマートバンド5最大の進化点は、やはりディスプレイ。 以前のモデルの0.95インチから約20%大型化された1.1インチのAMOLEDディスプレイが採用されており、画面の可読性が大幅に向上している。 なぜ色深度がスペックダウンしているが、画像、映像を鑑賞することはないので、実用上問題にならないだろう。

新旧モデルの表示スペック比較

Miスマートバンド4:0.95インチ、120×240、色深度24ビット、輝度400cd /平方m
Miスマートバンド5:1.1インチ、126×294ドットの色濃度16ビット、輝度450cd /平方m

写真左側がMiスマートバンド5、右がMiスマートバンド4数値的には、小さな違いであると考えられるかもしれないが、並んで比較してみると、一目瞭然の違いである

左から、標準、天気予報、音楽、通知画面。 Miスマートバンド4よりも縦の見通しがよくなって、多くの情報を一緒に確認することができる

時計フェイスは65種類以上をご用意。 画面の大きさを生かし、情報量を増やした時計フェイスが多くラインナップされている

もう一つの大きな変化点はリストバンドを除去することに充電することができるようにされたものである。 また、自分の充電端子が採用されており、充電ケーブルを持ってきてかざすだけで本体と合体充電が開始される。 通常モードでは14日、スリープモードでは、20日のバッテリ駆動時間が明文化されており、多くの場合、充電する必要はありませんが、手軽三重よると、「何度も充電のためにバンドを削除すると、緩くなってしまう」というユーザーの要請を受け、改善ということだ。

充電ケーブルの自己充電端子を本体背面の金属接点に近いと自然本体と合体する。 また、2時間以下で充電が可能である

5気圧(50m)防水、PRG心拍センサー、メモリ512KBストレージ16MBなどの基本的なスペックは同じです。 しかし、バッテリー容量は135mAhで125mAhとやや減少した。 アプリケーションはまた、 “Mi Fit」を使用するが、システム要件は、Android 4.4 / iOS 9.0以上でAndroid 5.0 / iOS 10.0以降に変更されている。

本体背面に配置されているPRG心拍数センサーはMiスマートバンド4よりも精度が50%向上していると明文化されている

ソフトウェア的にも大きく進化している。 まず運動モードが屋外ランニング、水泳、サイクリング、ウォーキング、ランニングマシン、フリースタイルに加えて、新たな室内サイクリング、縄跳び、ヨガ、クロストレーナー、ローイングマシンを使用できるようにした。 コロナ災害の相場に合わせて、主に屋外や家庭での運動を重点的に増やしかもしれない。

ランニングとウォーキングの自動検出が、他の運動は「Workout」で実行する必要が

運動の順序は変更することができる。 頻繁に取り組む運動を上に配置しておけば、短い画面スクロールに選択可能である

新しい健康追跡機能では、心肺機能と心臓の健康の改善を目的とする「個人的な活動インテリジェンス」(PAI)のストレスレベルを測定する「ストレス監視 “深呼吸で心と体をリラックスさせる「呼吸運動」を実装する。 また、月経周期に応じて記録・通知する女性のための健康追跡機能も搭載された。 特にPAIは、健康状態の改善のための具体的な活動目標を教えるために家に閉じこもって簡単に私にぴったりの機能である。

1週間単位で100PAIを獲得することが最終目標。 目標を達成するためにどのような動きで自分の心拍数をある程度上げるといいか具体的に教えてくれる

左は、ストレス監視、右が呼吸の練習の画面。 ストレス値は、心拍数の変動データと「ストレスモデル」に基づいて算出される。呼吸の練習は振動で深呼吸タイミングを教えてくれる

機能、装着性のバッテリー使用時間などのバランスが絶妙

「スマートウォッチ」は、Apple Watchの方が画面が大きくFeliCaによる電子決済を利用することができ、携帯電話のモデルであれば、単独での通話が可能な機能は、比較にならない。 しかし、Miスマートバンド5は、手首に着用するウェアラブルデバイスとして機能搭載性、バッテリーの使用時間などのバランスが絶妙。

スマートフォンを取り出さずに可能なスマートウォッチで終えたい場合は、Apple Watchの方が身につける第2のディスプレイとして使用するよい。 しかし、通知が来たら、スマートフォンで確認主活動、健康追跡装置として利用する場合は、装着性に優れ、月に2回程度の充電と運用Miスマートバンド5は、最適のウェアラブル装置であるワックス。

READ  日本でもAppleのApp Storeが独占禁止法の調査を受ける開発者は、別の問題も指摘 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close