経済

シャープ、5G対応 “AQUOS zero5G basic」などの新型スマートフォン4製品を発表した。 スペック強化されたsenseシリーズにも注目だ

2020年9月11日、シャープは2020年秋冬モデルとなるAndroidスマートフォン「AQUOS zero5G基本“私”AQUOS sense5G」など計4製品を発表した。

AQUOS zero5G basicは搭載SoC(System-on-a-Chip)にQualcomm製の5G対応SoC「Snapdragon 765 5G」を採用しているのがポイントで、リフレッシュレート120Hzタッチパネルのレポート速度240Hzは6.4インチの有機ELパネルを採用することも見どころだ。 発売時期は2020年秋以降予定である。

AQUOS zero5G basic。 色は左からブラック、ホワイト、ブルー

したAQUOS sense5GはAQUOSスマートフォンのエントリー〜ミドルクラスの市場である「sense」シリーズとしては初めて、5Gをサポートするスマートフォンです。 搭載SoCにQualcomm製の中産階級市場 “キンギョソウ690 5G」を採用しており、senseシリーズとして高いスペックを持つことが特徴である。また、OSとAndroidの最新バージョンである「Android 11 “を採用している点もポイントだとすることができる。 搭載ディスプレイは5.8インチサイズのIGZO液晶パネルである。
発売時期は2020年の冬以来予定である。

AQUOS sense5G。 色は左からライト銅、オリーブシルバー、ブラック
画像(003)シャープ、5G対応

4G LTEまで対応がされている中産階級市場のスマートフォンで “AQUOS sense4“と”AQUOS sense4 plus「両方の製品が2020年秋以降に発売される。
どちらの製品も搭載SoCにQualcomm製の中産階級市場 “キンギョソウ720G」を採用する。さらに、上位モデルのAQUOS sense4 plusは6.7インチのサイズの画面のリフレッシュレート90Hzの液晶パネルと容量8GBのメインメモリ、4安息のアウトカメラを搭載しており、スペック面ではAQUOS sense5Gを上回るのは注目すべき点ある。

AQUOS sense4 plus。 色は左からパープル、ホワイト、ブラック
画像(004)シャープ、5G対応

また、下位モデルのAQUOS sense4は5.8インチサイズの液晶パネルと容量4GBのメインメモリを備えている。

AQUOS sense4。 ライトカッパー、シルバー、ブラック
画像(005)シャープ、5G対応

READ  [미국 시황]S&P500種を4日連続で下落し、ハイテクが戻って下げ渋る - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close