トップニュース

シュガー、ファイザー、日本に追加COVID-19ワクチンの送信要求

菅義偉首相は土曜日、日本のCOVID-19ワクチンを追加で供給することを米国の製薬会社ファイザーの要請した日本の管理がした。

シュガーはジョー・バイデン米大統領とのホワイトハウスの会議のためにワシントンを3日間訪問した最後の日ファイザーCEOアルバートのINGと電話会談で要請をした。

Bourlaはファイザーが要求の協議を速やかに推進し、日本政府と緊密に協力したいと言った関係者が引用しました。

会談は日本が人々に予防接種を提供するためにあり、英国、米国およびその他の国よりもはるかに息切れに基づいて行われました。

日本は輸入されたコロナウイルス対策のみに依存しており、ファイザーのワクチンは、これまで国が承認した唯一のワクチンです。

金曜日サミットでシュガーとバイデンは、発展途上国のためのコロナウイルス対策のための公正なアクセスを保証して、インド – 太平洋地域の安全で効果的であり、安価なワクチンの生産を促進するために協力することに合意した。 インドで。

日本は去る2月17日医療スタッフとのキャンペーンを開始した後、月曜日から65歳以上の人口の約29%である約3,600万人にだけ接種を開始した。

厚生労働省によると、日本の480万人の医療従事者のうち約110万人、すなわち人口の約0.87%が4月9日の時点で、少なくとも1回の接種を受けた。

最近感染数が急増した日本政府は、緊急事態が発生したかした月も経たないうち次の週に東京、大阪、名古屋を中心とした日本の主要都市3の両方にコロナ19制限を強化することを決めました。 オフしました。

READ  伊豆諸島の三宅村御蔵島村に「大雨特別警報」の命の存続行動を - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close