経済

シュガーは、日本で300万の供給を誓う。 太平洋諸国のワクチン接種

日本は7月中旬から、国連が支援するCOVAXグローバルワクチン共有プログラムを介して太平洋島嶼国との領土に300万個のCOVID-19ワクチンを提供することを菅義偉首相は金曜日発表した。

シュガーの発表は、日本と太平洋島嶼国との領土の指導者がこの地域で増加している、中国の影響力に対応するための明らかな努力の一環として、自由で開放的なインドの太平洋を実現するためのオンライン会議での協力を確認しながら出てきた。

菅義偉首相が2021年7月2日、東京の彼のオフィスで、太平洋島嶼国との領土の指導者とオンライン会議で演説しています。 (教徒)==教徒

日本政府の管理によると、仮想会議で、日本はまた、医療や医療システムを強化し、経済の救済を提供し、インフラ施設を改善することにより、太平洋諸国がコロナウイルス感染症から回復することができるよう支援することを約束しました。

シュガーはまた、太平洋の指導者に海洋安全保障と気候変動のような分野での継続的な協力を再確認しました。

第9回太平洋諸島の指導者会議には日本、14個太平洋島嶼国、オーストラリア、ニュージーランド、フランス領ポリネシア、ニューカレドニア、二フランスの行政区域の代表が参加しました。

菅義偉首相が2021年7月2日、東京の彼のオフィスで、太平洋島嶼国との領土の指導者とオンライン会議で演説しています。 (教徒)==教徒

日本の外務省は、太平洋の島は、経済と安全保障の分野で東京に戦略的に重要であると述べた。 中国はこの地域のインフラ建設などのプロジェクトに融資と開発のサポートを提供しています。

日本の関係者によると、ツバルガウ歳児表示ノ首相は会議で麻痺した福島原子力発電所から太平洋に処理された放射能の水が計画された放出のために海洋環境に与える影響に関する科学的データを日本に提供することを要請した。

シュガーは福島の水の放出が環境や人間に有害ではないと主張しており、東京は「科学的な証拠に基づいて、「この問題について他の国に引き続き情報を提供すると述べた。

一部の参加者は、日本の東京オリンピックとパラリンピックの開催への支持を表明した関係者は語った。

東京は1997年から3年に一度、太平洋島嶼国と地域の首脳会談を開催しました。 今年の会議は、元の中部日本の志摩市で開かれる予定だったがCOVID-19旅行のために、仮想環境に移行しました。 制限

14個の太平洋島嶼国はクック諸島、フィジー、キリバス、マーシャル諸島、ミクロネシア、ナウル、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ツバルのとバヌアツです。


関連報道:

FOCUS:日本人の間で共産党のイメージに迷惑は中国人

中国共産党100周年記念

香港、中国に導かれたか、24周年


READ  元パチンコホール店長」はいけない店&モデル」を暴露... 1パチは、損害が?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close