経済

シュガーアドバイザー、日本の最低賃金の3%引き上げ要求

日本の最低賃金は、4月に開始された2021年度の最低3%引き上げなければならないと政府の成長戦略パネリストであるDavid Atkinsonは言った。

最近のインタビューで菅義偉首相の中核顧問として知られている56歳のアトキンソンは、労働生産性が低い中小企業の首長たちに変化を促す機会と賃金引き上げを使用する必要がないと強調しました。 安価な労働力に依存している現在のビジネスモデル。

彼は新型コロナウイルス感染症の悪影響にもかかわらず、ヨーロッパやアメリカが2020年には約5%、2021年に約2〜4%の賃金を引き上げた言及しました。

一方、2020年度の日本の最低時給は前年比1円増の平均902円を記録しました。

Atkinsonは日本語で「COVID-19の予防接種の普及で日本経済が改善されると予想される」とし、今回の会計年度の間の賃金水準をほぼ変わらず維持はいけないと付け加えた。

賃上げは「また、民間消費を増やし格差を減らすのに役立つだろう」と彼は言った。

彼は日本が最低賃金を引き上げない限り、遅れ質と警告した。 他の国が現在の労働シェアが減少している状況を解決し始めているからである。

日本が先進国の中の最低賃金水準を維持すれば、企業の代表者は賃金を支給しなければなら従業員の賃金を支給していないだろう企業は、生産性が低いビジネスモデルを固守するとAtkinsonは言った。

彼は日本で働く従業員の70%を雇用する中小企業が生産性の向上のために、より大きく成長することを提案しました。

「私は揺れがなく、企業の改善を望んでいる。

しかし、日本商工会議所は、長期的なコロナウイルスの危機の中で、中小企業はまだ困難を経験していると言いながら、今年の会計年度中に国の最低賃金を変更しないことを要請しました。

Atkinsonは日本で創出される付加価値の5%だけが宿泊施設、レストランやライフスタイルサービス部門と関連事業で発生すると言いました。

彼は「日本政府は、日本経済全体の利益のために最低賃金を引き上げる一方で、感染症が原因で財政的に困難を経験している、いくつかの事業部門を支援するための措置を取らなければならない」と述べた。

中央政府は先月採択新しい経済・財政政策の基本指針で全国最低時給の加重平均をできるだけ早く1,000円に引き上げると発表した。

インタビューでAtkinsonは、政府がグリーン成長に関する措置と資本投資を増やすための情報通信技術の作業の重要性を強調しました。

かつて米国の投資銀行であるGoldman Sachsのパートナーとして働いていたAtkinsonは文化財を修理するKonishi Decorative Arts and Crafts Co.の社長です。

過去彼は日本政府に、より多くの外国人観光客を誘致するために努力することをお勧めしました。

政府は6月に発表した2021年観光白書で2030年外国の訪問者を6000万人に増やすという目標を維持したが、感染症が原因で、2020年には412万人に急減し、政府目標値にはるかに及ばない。 年間4万。

アトキンソンは「変更する必要がない(2030年目標)」とコロナウイルスワクチンの普及で海外訪問数回復すると予想されるため、日本はまだ目標を達成することができるという自信を表明した。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本が経済を扶養し、被害を受けた部門を救出するために、Go To Travelが戻ってくる予定です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close