スポーツ

ショマ、不安出発克服、日本のオープン優勝

ISUフィギュアスケートグランプリ – 2019 Rostelecom Cup – 男子ショートプログラム – Megasport Sport Palace、ロシアのモスクワ – 2019年11月15日、日本のShoma UnoがREUTERS / Maxim Shemetov /ファイルの写真を実行します。

10月3日(ロイター) – オリンピック銀メダリストである宇野ショマ(23)が2022北京オリンピックを控えて準備に拍車をかけ、日本のオープン男子フリースケート決勝で勝つために不安出発から回復しました。

2018平昌冬季オリンピックで銀メダルを獲得した番組しまう最初のクワッドの試みで倒れたが、残りの3つのクワッドジャンプを着地して181.21点を記録し、土曜日佐藤俊(179.32点)を上回って仕上げました。

毎年開催される国際フィギュアスケートチーム大会・イン・ジャパン・オープンは、通常、日本、欧州、北米チームが参加したが、コロナ19予防措置により、2年連続日本選手だけ参加しました。

ホームスケーターは二つのチームに分かれてフリースケートだけ打った、男決勝でShomaが、女子決勝でWakaba Higuchiが優勝した後、Team BlueがTeam Redを破り、勝利を主張しました。

2018年のオリンピックで金メダルを取った羽生結弦と世界銀メダリストであるかぎ山ユマはすべて日本オープン男子種目に参加しなかった。

北京オリンピックは来年2月4日に開幕し、中国本土観客だけ参加することができる。 続きを読む

バンガロールでManasi Pathakの報告; マイケルペリー編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  前の体操選手レイチェルデン・ホランダー、アメリカ体操資格取り消し要求

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close