トップニュース

シルバーストリームと三井、日本で船の脱炭素化を推進

Silverstream Technologiesは 達した と覚書(MOU) 三井アンコ 日本における電子の空気潤滑技術の採用を加速します。

パートナーシップの目的は、国の造船部門で脱炭素化の推進を推進することです。

MOUの一部として、Mitsui & Co EuropeとMitsui & Coの全額出資子会社であるOrient Marineは、Silverstreamと協力して、日本でSilverstream Systemの空気潤滑技術の活用を促進します。

これはアジア船主の脱炭素化イニシアチブを促進すると予想されます。

また、Mitsui & Co EuropeとOrient Marineとの協力は、Silverstreamと地元の日本の所有者、造船所、設計機関との関係を改善するだけでなく、この地域で企業の商業戦略を支援することが期待されています。

同盟はまた、3つの企業間の情報と地元の市場知識の交換を可能にします。

日本は海運産業に対して、2050年に温室効果ガス純ゼロ(GHG)排出目標を設定しました。

国家は、国際海洋部門の立地を強化するための計画の一環として、環境に優しい船舶の設計と配達を支援します。

Silverstream Technologiesの創設者兼CEOであるNoah Silberschmidtは、次のように述べています。

「日本のような重要な海洋市場で私たちの技術を支持し、より持続可能で効率的な産業のための私たちのビジョンを共有する業界リーダーを信頼できることは非常に価値があります。」

去る10月、 バルジラ 試験ベースの展開のために、Silverstreamの空気潤滑システムを選択しました。 APモラー – マスク– 所有の大型ボックスシップ。

関連企業

READ  日本のCovidケースは、夏のピーク後に急激に減少

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close