シンガポール、日本、イギリス、スイスの規制当局は、資産トークン化パイロットを発展させるためのパートナーシップを結んでいます。

1 min read

月曜日によると、シンガポール、日本、イギリス、スイスの規制当局は、債券、外国為替、資産管理商品の資産トークン化テストを計画しています。 発表

シンガポール通貨庁​​(MAS)は、日本金融サービス庁(FSA)、イギリス金融行為監督庁(FCA)、スイス金融市場監督庁(FINMA)を含む政策立案者グループであるプロジェクトガーディアン(Project Guardian)を設立し、国境間取引を拡大した。 資産トークン化協力。

ブロックチェーンを使用して実際の資産をデジタル化するトークン化は世界中の巨大金融機関と機関の間で話題になっており、主要経済圏ではグローバル金融市場の効率性を潜在的に向上させるために債券発行および資金トークン化をテストし、あります。

Project Guardianは、デジタル資産の法的および会計処理について議論し、政策の潜在的なリスクとギャップを特定し、デジタル資産市場の設計に関する共通の基準と管轄区域のベストプラクティスを開発することに焦点を当てています。

MASの発表によると、このプロジェクトはまた、規制サンドボックスを介してデジタル資産の業界パイロットを促進します。

MASのLeong Sing Chiong副社長は、声明を通じ、「FSA、FCA、FINMAとMASのパートナーシップは、デジタル資産のイノベーションで発生する機会とリスクの理解を深めるための政策立案者の強い欲求を示している」と述べた。

READ  旅行のベスト:沖縄が日本のAlex Garland目的地である理由
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours