トップニュース

シンガポールのM-DAQ Global、国際拡張の一環として日本事務所を開設

エムダックグローバルシンガポールに本社を置くフィンテック企業であるM-DAQ Japan KKが100%所有する日本子会社であるM-DAQ Japan KKを通じて日本事務所を開設し、グローバルな立地を拡大したと月曜日に発表しました。

M-DAQは、声明を通じて福岡にある西日本事務所が様々な理由で自然に適合すると考えたと述べた。

ステートメントによると、都市はシンガポールと同様のアプローチと発展へのコミットメントを共有し、民間および公共部門が進化するビジネス要件を満たし、生活を改善するために革新的なソリューションを積極的に協力して開発しています。

地理的に韓国、中国、台湾の近くに位置する福岡は人気の観光地と言われています。

また、この地域の企業とのパートナーシップを構築する機会は、M-DAQが主力FXソリューションであるAladdinをリリースするのに最適な足場になると述べました。

福岡でM-DAQは、福岡市政府、九州旅客鉄道(JR Kyushu)、西日本鉄道(Nishitetsu)、福岡国際空港公社、博多港国際ターミナル、福岡観光コンベンションビューローと議論を始めたと明らかにしました。 小売および旅行取引における外貨ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

M-DAQと福岡証券取引所も証券取引ソリューションであるTRC実装の妥当性調査に着手する予定だ。

「M-DAQ Globalが福岡市を日本事業の拠点として選んだことを嬉しく思います。 福岡市はスタートアップやグローバル金融ハブになることを目指し、M-DAQグローバルと協力して金融界に力を与える新しい革新的なソリューションを作ることを期待しています。

日本への投資は長期戦略計画の一部です。 今回の拡張は、M-DAQがNTT Communicationsとパートナーシップを締結し、日本初の為替保証FX情報および取引データサービスであるHome Currency Anywhere(HCA)を発売したことに続きます。

「東アジアにおける私たちの地域的足跡の成長への投資は、私たちにその地域の顧客のニーズにもっと応える機会を与えます。

創設者でありグループであるRichard Kohは、「福岡市とより広い地域に根ざして顧客に大きな価値を提供するだけでなく、高島市場と協力して福岡を企業のハブに成長させることを嬉しく思います」言いました。 M-DAQのCEO。

通貨国境のない世界をつくるというビジョンとして、2010年に設立されたM-DAQは、様々な産業分野の企業が同級最高の外国為替(FX)ソリューションで国家間取引を促進できるように支援する会社です。

同社は市場機会を捉え、新しいフィンテックエコシステムを構築するためのグローバル成長計画に着手しました。

Affinity Equity Partners、Ant Group、EDBI、NTT Communications、Samsungなどのグローバル機関の支援を受けている同社は、2016年のAladdin FXソリューションの発売以来、45の市場で320億シンガポールドル(229億3000万ドル)以上の国境を越えた取引を処理しました。 。

M-DAQは2018年に純利益を得ました。 これにより、企業は強力な貸借対照表を維持しながら、新しいビジネスラインに投資する技術を活用することができました。

当社の技術ソリューションは、予測エンジンと世界中の外国為替流動性プロバイダーの3分の2がサポートする独自のアルゴリズムによるビッグデータの使用に依存しています。

シンガポールフィンテック企業M-DAQ、決済企業Wallex買収、国境を越えたエコシステムの拡大

READ  まだCOVIDワクチンを待っている、日本の市民は五輪開催についてはまだ非常に緊張しています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close