スポーツ

シンガポールサッカー国家代表チーム監督吉田達馬、日本で家族と辞任

シンガポール:ライオンズ・ヨシダ・タツマ監督が2022年12月、シンガポールのサッカー国家代表チームとの契約が終了する1年前に辞任しました。

12月28日火曜日(12月28日)シンガポールサッカー協会(FAS)記者会見で吉田は家族に近づくために日本に帰ると話した。

吉田さんは「とても個人的な理由」と説明しながら「父親として、二人の娘がいる夫として決定しました。みんなが家族を見たくて私も…それを知って理解します。」

「少年たちが恋しくなるでしょうが、シンガポールも恋しいでしょう。 この決定を下さなければなりませんでした。 個人的な理由です。 私は単なるサッカーコーチではありません。」

47歳(47)は、契約解除を決定する前に立てた年次計画の一環として、12月29日に日本に出国する。

FAS事務総長のYazeen Buhariは、彼は2.5ヶ月の休暇を取ることができると述べました。

彼の契約は12月31日に正式に終了します。 Yoshidaは2019年6月にシンガポールチームの監督として初めて参加しました。

吉田さんは、感染症が始まってから二度家族を訪れました。 彼は昨年、すでに日本に戻ったり、海外で他のチームを監督する「複数の選択肢」があると説明した。

彼は「日本に帰ろうとしたが、ほぼ決定を下した」とし、家族をシンガポールに連れてこようとする計画がファンデミックによって無産化されたと付け加えた。

しかし、FASの説得により、彼は残り、ライオンズのメンバーは彼を必要としていると付け加えました。 また、チームはワールドカップ予選に進出した。 最近はシンガポールが主催したAFF鈴木カップを通じてチームを見たかったりもしました。

「私たちの関係は永遠です」

彼が残して行く地元のサッカーシーンで、吉田さんはこう言いました。 「シンガポールのサッカーが進行中です。 もちろん、私は従い、私ができることを助けたい…私たちの関係は永遠です。」

そして、チームに対する彼の別れのアドバイスは「とても簡単です」と彼は言いました。 「私はいつも彼らに自分のためにプレイし、自分を信頼しなければならないと言います。

彼はまた、チーム、協会、ファンの支援に感謝します。

別のFAS声明で吉田氏はシンガポールの彼の「2番目の家族」に敬意を表しました。

「日本にいる家族に帰りますが、とても重い心でここに2番目の「家族」を置いていきます。。今後もずっとシンガポールサッカーを遠くから応援し、今後もシンガポールサッカーが今後数年間力を得ます。」

FASのイム・ギアトン会長は「とても残念で、私たちが別れることになってとても悲しい」と話した。

彼は、FASが吉田を「サッカー界に多くの興奮をもたらした」「特定能力のコーチ」と大切にしていると語った。

吉田がどのようにライオンズのコーチに選出されたかについての話を聞いたMr Limは、次のように語った。 日本から来た人なのに、たつまの姿でやってきました」

吉田の発表に先立ち、CNAとのインタビューでチーム主張のHariss Harunもコーチが最初からチームに大きな影響を与えたと述べた。

「彼は自分の選手たちを信じ、彼らのプレイスタイルを発展させようとしました。 これが決定的だったと思う」と述べた。

READ  紀平梨花最高 "ハゲ"新しい観光スポットは氷上の手側の回転 - フィギュア:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close