シンガポール水泳選手レチシアシム、ジャパンオープン銀メダル獲得、パリオリンピック出場券獲得

Estimated read time 1 min read

シンガポール – スイミング国家代表レティティア・シム(Letitia Sim)は11月30日、日本オープン平営100mで1分6秒36秒を記録し、オリンピック出場資格を得た後、米国ミシガン州で7月パリへ旅行に出る予定だ。 。

東京アクアティクスセンターで開かれた彼女は、ホームで一番好きな青木レオナ(1分6秒24)に続き銀メダルを獲得する途中、国内新記録を立て、渡辺金子(1分7秒16)が銅メダルを占めました。

彼女は去る5月、カンボジアSEAゲーム男子50mフリースタイルでジョナサン・タン(Jonathan Tan)が記録を達成した後、2024年大会に出場資格を得た2番目のシンガポール水泳選手です。

ミシガン大学の学生はこう言いました。 「今日の夜に入ると、私は午前中に本当に泳いだことがわかりました。 私がした水泳の中で最高のものの一つでした。

「過去には朝起きるためにたくさん苦労していましたが、その時間を見て先にシードを受けることができ、決勝に進出できる良い位置にあることを知って本当に少し自信を得ました。」

彼女のコーチのGustavo Schirruは彼女に「出かけて楽しんでください」と言いました。

20歳の彼はこう言いました。 「過去数回の出会いで、私はこのカットに非常に近かったし、私はすぐそこにいることを知っていましたが、いつカットを受け取るのかわかりませんでした。

「最初は不足して失望したくなかったので、時間を確認するためにスコアボードを見たこともありませんでした。 カットをかなり大きな違いで得たという事実は本当に本当に楽しかったし、私に喜びを与えてくれました。 自信もあふれ、アドレナリンも湧き出ました。」

パリへのチケットを獲得したのは、最近、杭州アジアゲームで100mと200mの平泳ぎで4位を獲得した後、女子4x100mのホンゲヨンチームでメダルを一度もなく、3回逃したシムに切実に必要な力でした。 最初に3位をした後失格となりました。

彼女は11月30日、100m平壌でオリンピックA予選記録である1分6.79秒を記録し、新しい国家記録である1分6秒36を記録しながら、この失望感を取り戻しました。 以前の最高記録である1.06.86は去る10月ドイツで開かれた世界水泳ワールドカップで立てた記録だ。

彼女は現在、女性50m、100m、200m平営と200m個人婚約で国内記録を保持しています。

シムはシンガポール平営女王に選ばれたことについて質問を受けたとき、こう言いました。 「私はそのような称号を受ける資格がないと思います。 ただとても面白いと思います。 私は典型的なシンガポールの下で育ったので、それは何の女王でもないと思います。 母と母はいつも自分が良いと思ったら、他の方が良いと言われました。」

12月に彼女は2月カタールドーハで開かれる世界水泳選手権大会を控え、オマーンマスカットのトレーニングキャンプでチームメンバーとつながる予定です。

オリンピック出場権を確保したSimは、今「より速く発展する方法を探すことに集中」できると述べています。

彼女はまた、パリオリンピックでより多くの人々が参加することを望み、次のように付け加えた。 「ドーハでリレーの資格を得て、より多くの人がオリンピックに参加できることを願っています。

READ  ホテルショコラ、新日本合弁事業契約締結
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours