sport

シート喪失の連絡は「予想していなかった」ペレス| Force India | F1ニュース

シート喪失の連絡は「予想していなかった」ペレス| Force India | F1ニュース| ESPN F1

©Rudy Carezzevoli / Getty Images

セルジオ・ペレスは、9日(水)チームの所有者のローレンスストからの電話を受けるまで、レーシングポイントシート失うことになるとは思わなかったである。

2022年末までに契約をしたペレスが、水曜日の夜になって、チームから脱退を発表した。 その後、10日(木)午前中にレースのポイントは、セバスチャン・ベッテルのシーズンに参加を発表した。 ペレスは、青天の霹靂だったする。

「私は明らかに聞いた昨日」とペレスは言った。 「誰も何も言わなかったが、いくつかの知っていたし、何となく分かっただけ」

「最終的な確証を得たのは、昨日何しょうがない – チームは7年であった。何事にも始まりが同時に最後でもある。さらに、まだ試合は9戦残っている。お互いの胸を張って終わされるようにしたい」

どのようにしてニュースを受けかと彼は言った。 “ローレンスで電話がかかってきた。彼らは別の方向に進んでた昨日彼から聞いた」

ベッテルの噂を聞いてながらも、ペレスはずっ​​と2021年のチームでドライブすることができるだろうと続けていた。

「ああ、私はする見る限りはそうなるという感じだった。チームも僕にとっていいなと思ったね。バックグラウンドでの契約に関する議論とかいろいろあったが、それは明らかにしていないだって、そんなことは、チームと私の間にとどまると考えてから ”

「ただの契約のうちいくつかについて、さまざまな議論昨日正式に私のままないと言った。予想していなかったことだが、そうなんだ」

プランBは、準備していないペレスはF1でのオプションは限られている。 事実上の候補者は、ハースF1とアルファロメオしか残っていない。

レーシングポイントの判断時点に失望しているのかと彼は答えた。 「それは失望したと言わないよ。チームが交渉を続けていたことは理解しており、私は思っていたよりも、それは長くのだろうか」

「たぶん、私の将来についてより明確にしてくれていれば私もプランBを考えたかもしれないですね。でも、変わらなかっただろうが、この事業は、すでに十分長いいる…それはもF1というこのクレイジーな世界の一部だ」

©ESPN Sports Media Ltd.


閉じる


READ  ヤクルト連敗5で固定DeNA反撃及ばず/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close