ジェネレック、日本のナガで科学的革新を実現

1 min read

ジェネレック技術は「長岡技術」として知られる長岡工科大学に選ばれました。 本校には、サウンドやサウンドのさまざまなアプリケーションの理解を高めることに専念する研究ハブである音響および振動エンジニアリングセンターがあります。

画像:杉田康典教授、長岡工科大学音響振動工学センターの写真。

1984年に設立されたこのセンターには、2つのリバーブルーム、電子機械音響ラボ、心理聴覚ラボを含む包括的なリソーススイートがあります。 その特徴の中で、大型無響室は、音の反射を最小限に抑え、正確な音響実験を行うことができる環境を提供するように設計されたセンターの主力製品です。

センター副局長の杉田康也氏は、「私たちは最小限のスピーカーを使って没入型のサウンド体験を作成することに専念しています」と説明しています。 「人間の聴覚認識を理解することが何よりも重要なので、私たちは骨伝導を通じた立体音響(視覚障害のあるナビゲーションと車椅子制御支援)を経て、音の位置の把握と認識に至る技術を探求することになります。外から様々なプロジェクトに参加します。 音認識の謎を解き、実際の問題を解決することを目指すステレオ音の音のイメージ位置を把握します。

大学の重要なアップグレードを意味する41.2チャンネル3Dスピーカーシステムが最近、音響および振動エンジニアリングセンターに設置されました。 このシステムは、仮想現実と拡張現実を使った音場再現からロボットリモコンまで、さまざまな研究活動の基礎として機能します。

Sugita教授は、この技術を使用して実際のシナリオを反映する没入型オーディオ環境を作成する予定です。 「今、ヘッドマウントディスプレイを使用して視覚情報を3次元で再現することは可能ですが、まだサウンドを再現することはできません。人がいる空間の音を分析して他の空間で再現してみたいと思いました。

「私はしばらく立体音響を研究してきましたが、頭に関連する伝達関数を測定するときに必要に応じて簡単に調整できる完全にフラットな特性を持つスピーカーが必要です。正確に再現できるシステムが最終的にGenelecにつながりました。」

Genelecの8320スマートアクティブモニターと7380サブウーファーで構成されたこのシステムは、大学の最先端の聴覚研究に対する厳しいニーズを満たすように設計されています。 Sugita教授は、「Genelecモニターは私たちの基準を満たすだけでなく、私たちの研究要件に不可欠な校正の柔軟性と容易さを提供します」と述べています。 「拡張性と安定性はもちろん、RMEオーディオインターフェースとの互換性のおかげで、私たちの研究に必要な精度に最適です」

GenelecのGLMスピーカーマネージャーソフトウェアは、システムのパフォーマンスを向上させ、個々のスピーカーを正確に制御できるようにします。 「GLMは校正プロセスを簡素化し、すべてのチャネルで一貫したパフォーマンスを保証します」とSugita教授は言います。 「このレベルの制御は、正確性と信頼性が最も重要な私たちの研究に不可欠です。」

READ  Microsoft Flight Simulatorは、最新の更新プログラムに美しい北欧のビューを追加します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours