ジミー・キンメル、日本旅行後、アメリカを「汚れて嫌な国」と表現:「国全体がディズニーランドであり、我々はシックス・フラッグスに住んでいる」

Estimated read time 1 min read

ほとんどの場合、休暇を終えて家に帰るつもりです。 それ以降はそうではありませんでした。 ジミー・キンメル 最近家族と一緒に日本旅行を去った。

進行者は月曜日の夜「ジミーキメルライブ」に出演し、「日本を旅行してから、私たちがいつも叫ぶ米国が汚れて嫌な国であることに気づいた」と話した。

ABCの進行者は、日本で7日を過ごす前に、米国が欠点と「改善する部分」がある国だと信じていましたが、他の国に比べて「かなり断定した」国だと認めました。

「ヨーロッパに行きましたが、配管が必要な場所に土の穴があります。 息を注いで「私はこんな人ではなくて幸いだ」と言った後、家に帰ります」とKimmelは説明しました。 昇る太陽の国に来た時はそうではありませんでした。

Kimmelは、「全国がディズニーランドであり、私たちがSix Flagsに住んでいるのと同じです」と述べました。 「私は家に36時間いましたが、これより汚れたことはありませんでした。 私たちは日本人に比べて豚のようです。 彼らが私たちをどう思うか想像できません。 「ああ、ゴミのような奴ら。 はい、アメリカ人です。 ゴミ。」

深夜のホストは、田舎にいる間、汚れたトイレを一度も見たことがないと言いました。

「東京と京都のトイレはここの手術室よりキレイです。 どこに行ってもトイレはきれいで、臭いもしませんし、中から洗うことができるトイレがあります。」とKimmelは言いました。 彼はトラック停留所のトイレが「ジェニファーガーナーの歯よりもきれいだった。最もきれいだった」と述べた。

キムメルはまた、人々が自分のゴミを取る日本の文化的規範に畏敬の念を感じた。 テロリストが東京地下鉄システムのゴミ箱を活用した1995年のサリンガス攻撃以来、公共ゴミ箱はほとんど除去されました。

投稿 ジミー・キンメル、日本を旅行した後、アメリカを「汚い、嫌な国」と呼んでいます。 動画 初めて登場した ダラップ

READ  ロバート秋山が私社通いを再開暗い夜に溶け線姿 - ライブドアニュース
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours