スポーツ

ジャイアンツはドラゴンズに勝ち、優勝を開始します。

良い第一印象ほど良いことはありません。

新しいNPBシーズンをスタイリッシュに始めた後、38,000人以上のファンの歓声を受け、英雄インタビュー表彰台に立った新しいYomuri Giants Gregory PolancoとTaisei Otaに聞いてください。

ポランコはNPBデビュー戦で5回目にタイブレイクヒットを含めて3つのヒットを打ち、新人であるTaiseiは9回にジャムに落ちる前にジャイアンツが2022シーズンを4-2で開始し、前方に成功しました。 金曜日の夜に東京ドームでジュニチドラゴンズに勝ちます。

Polancoは最初の2打席でヒットを打ち、5回にYudai Onoを抜いてジャイアンツを先に行きました。

ポランコは「気分がいい。 「ここに来て、気分がいいです。 特に開封日に気分が良いです。 ファンとチームメンバー、みんな、コーチ様が私を大きなエネルギーで受けてくださり、ここに来てくれて本当に嬉しいです。」

丸吉宏は2回にホームランで試合初の実点を追い出したが、3回には岡林幸の打点安打を4回にダヤンヴィシエドのホームランで逆襲した。

Taishi Hirooka、Polanco、およびKazuma Okamotoは、5回目でジャイアンツを4-2にするために得点しました。 タイプミスがブルペンから出たとき、スコアは9回まで同じままでした。

22歳の新人は初めて向き合った打者を三振で握り、大島洋平と岡林に安打を出した。 Otaは次の打者を退場させたが、Viciedoを打ってベースを装填した。 彼はタクヤ・キノシタをグラウンドから退場させ、試合を終え、開幕日にセーブを記録するチーム史上初の新人となりました。

先発投手の菅野智之は「私は彼が彼らを阻止すると信じていた。彼は「私は完全に楽ではなかった」と冗談を言った。

Suganoは彼の新しい同僚とは異なり、以前にここに来たことがあり、金曜日の試合はクラブで彼の8番目の開幕日の出発を意味します。

スガノは「今回は8回目だが、おそらく今回が一番震えただろう」と語った。

2回のサワムラ賞受賞者は、2021年の難しいシーズンを過ごし、ジャイアンツの春のゲーム中に揺れていました。

菅野は「プレシーズンの結果を見ると心配される部分があった。 「今日は最小限のことができたようで、良い出発をしたと思います」

菅野は6イニングの間に7安打2失点を許しながら、前沢村賞受賞者との対決で小野よりやや良い姿を見せました。 Suganoは勝利の功績を認められ、開幕5日目の優勝でジャイアンツ新記録を立てました。

彼は「本当に幸せです。 「しかし、これは私の力で達成できるものではありません。 今日も同僚が先に得点をして後ろから得点した」と話した。

コロナ19によって既存の入場制限が解除され、チームは多くの観客の前で試合を行った。 38,156人の群衆がBig Eggにいました。 日本の野球のおなじみの歌と聖歌はまだ欠けていますが、Polancoの経験を弱めませんでした。

「ここの雰囲気が本当に終わります」と彼は言いました。 「ファン全員があなたを応援し、とても幸せで応援しています。 ここに来てくれて嬉しくて毎試合、毎試合最善を尽くして競技で勝利してチャンピオンシップを優勝したいと思います。

大野(0-1)はマウンドで6イニングの間、4失点(3者本店)を記録した。 彼は8つのヒットを許し、3つの三振をつかみ、2つのボールネットを許した。

床は2回本塁打で先制ゴールを破り、ジャイアンツに先制ゴールを出した。

大野は3回末内野2塁打を打ち、大島が外野にボールを蹴る風にポランコが失策を犯すと2塁を上げた。 岡林は打点安打で後を継いで同点を作った。

Viciedoは役に立たないダブルプレイで3塁を終え、対戦相手のホームランでチームをリードし、4塁打をリードしました。

彼は記者たちに「殴られたときに消えたと思った」と話した。

YomiuriのNaoki Yoshikawaは5回目に2アウトで打たれた。

ポランコはタイブレイクシングルを打ち上げ、ヨミウリを再び頂上に上げ、岡本は再び打点2塁打を打ち破り、4-2を作りました。

他のゲームで

ツバメ10、虎8

コイ11、ベイスターズ3

パシフィックリーグ

海兵4、イーグルス0

バッファロー6、ライオンズ0

ホークス4、ファイターズ1

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  トヨタ、ロータスと協力してミッドエンジンスポーツカーを制作

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close